AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeEnvironmentStatusで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeEnvironmentStatusで を使用する

以下のコード例は、DescribeEnvironmentStatus の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

AWS Cloud9 開発環境のステータス情報を取得するには

この例では、指定した AWS Cloud9 開発環境のステータス情報を取得します。

コマンド:

aws cloud9 describe-environment-status --environment-id 685f892f431b45c2b28cb69eadcdb0EX

出力:

{ "status": "ready", "message": "Environment is ready to use" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeEnvironmentStatus」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定した AWS Cloud9 開発環境のステータス情報を取得します。

Get-C9EnvironmentStatus -EnvironmentId 349c86d4579e4e7298d500ff57a6b2EX

出力:

Message Status ------- ------ Environment is ready to use ready
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeEnvironmentStatus」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell