AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeStackEventsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeStackEventsで を使用する

以下のコード例は、DescribeStackEvents の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

スタックイベントを記述する

以下の describe-stack-events 例は、指定されたスタックの最新イベントを 2 件表示します。

aws cloudformation describe-stack-events \ --stack-name my-stack \ --max-items 2 { "StackEvents": [ { "StackId": "arn:aws:cloudformation:us-west-2:123456789012:stack/my-stack/d0a825a0-e4cd-xmpl-b9fb-061c69e99204", "EventId": "4e1516d0-e4d6-xmpl-b94f-0a51958a168c", "StackName": "my-stack", "LogicalResourceId": "my-stack", "PhysicalResourceId": "arn:aws:cloudformation:us-west-2:123456789012:stack/my-stack/d0a825a0-e4cd-xmpl-b9fb-061c69e99204", "ResourceType": "AWS::CloudFormation::Stack", "Timestamp": "2019-10-02T05:34:29.556Z", "ResourceStatus": "UPDATE_COMPLETE" }, { "StackId": "arn:aws:cloudformation:us-west-2:123456789012:stack/my-stack/d0a825a0-e4cd-xmpl-b9fb-061c69e99204", "EventId": "4dd3c810-e4d6-xmpl-bade-0aaf8b31ab7a", "StackName": "my-stack", "LogicalResourceId": "my-stack", "PhysicalResourceId": "arn:aws:cloudformation:us-west-2:123456789012:stack/my-stack/d0a825a0-e4cd-xmpl-b9fb-061c69e99204", "ResourceType": "AWS::CloudFormation::Stack", "Timestamp": "2019-10-02T05:34:29.127Z", "ResourceStatus": "UPDATE_COMPLETE_CLEANUP_IN_PROGRESS" } ], "NextToken": "eyJOZXh0VG9XMPLiOiBudWxsLCAiYm90b190cnVuY2F0ZV9hbW91bnQiOiAyfQ==" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeStackEvents」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: 指定されたスタックに関するすべてのスタック関連イベントを返します。

Get-CFNStackEvent -StackName "myStack"

例 2: 指定されたトークンから始まる手動ページングを使用して、指定されたスタックに関するすべてのスタック関連イベントを返します。次のページの開始トークンは、呼び出しごとに取得されます。$null は、取得するイベントが残っていないことを示します。

$nextToken = $null do { Get-CFNStack -StackName "myStack" -NextToken $nextToken $nextToken = $AWSHistory.LastServiceResponse.NextToken } while ($nextToken -ne $null)
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeStackEvents」の「」を参照してください。