AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeStacksで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeStacksで を使用する

以下のコード例は、DescribeStacks の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

AWS CloudFormation スタックを記述するには

以下の describe-stacks 例は、myteststack スタックの概要情報を表示します。

aws cloudformation describe-stacks --stack-name myteststack

出力:

{ "Stacks": [ { "StackId": "arn:aws:cloudformation:us-east-1:123456789012:stack/myteststack/466df9e0-0dff-08e3-8e2f-5088487c4896", "Description": "AWS CloudFormation Sample Template S3_Bucket: Sample template showing how to create a publicly accessible S3 bucket. **WARNING** This template creates an S3 bucket. You will be billed for the AWS resources used if you create a stack from this template.", "Tags": [], "Outputs": [ { "Description": "Name of S3 bucket to hold website content", "OutputKey": "BucketName", "OutputValue": "myteststack-s3bucket-jssofi1zie2w" } ], "StackStatusReason": null, "CreationTime": "2013-08-23T01:02:15.422Z", "Capabilities": [], "StackName": "myteststack", "StackStatus": "CREATE_COMPLETE", "DisableRollback": false } ] }

詳細については、「 AWS CloudFormation ユーザーガイド」の「 スタック」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeStacks」の「」を参照してください。 AWS CLI

Go
SDK for Go V2
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

// StackOutputs defines a map of outputs from a specific stack. type StackOutputs map[string]string type CloudFormationActions struct { CfnClient *cloudformation.Client } // GetOutputs gets the outputs from a CloudFormation stack and puts them into a structured format. func (actor CloudFormationActions) GetOutputs(stackName string) StackOutputs { output, err := actor.CfnClient.DescribeStacks(context.TODO(), &cloudformation.DescribeStacksInput{ StackName: aws.String(stackName), }) if err != nil || len(output.Stacks) == 0 { log.Panicf("Couldn't find a CloudFormation stack named %v. Here's why: %v\n", stackName, err) } stackOutputs := StackOutputs{} for _, out := range output.Stacks[0].Outputs { stackOutputs[*out.OutputKey] = *out.OutputValue } return stackOutputs }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDescribeStacks」の「」を参照してください。 AWS SDK for Go

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: ユーザーのスタックのすべてを記述するスタックインスタンスのコレクションを返します。

Get-CFNStack

例 2: 指定されたスタックを記述するスタックインスタンスを返します。

Get-CFNStack -StackName "myStack"

例 3: 手動ページングを使用して、ユーザーのスタックのすべてを記述するスタックインスタンスのコレクションを返します。次のページの開始トークンは、呼び出しごとに取得されます。$null は、取得する詳細情報が残っていないことを示します。

$nextToken = $null do { Get-CFNStack -NextToken $nextToken $nextToken = $AWSHistory.LastServiceResponse.NextToken } while ($nextToken -ne $null)
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeStacks」の「」を参照してください。