AWS SDK またはコマンドラインツールListStackResourcesで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールListStackResourcesで を使用する

以下のコード例は、ListStackResources の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

スタック内のリソースを一覧表示する

以下のコマンドは、指定されたスタック内にあるリソースのリストを表示します。

aws cloudformation list-stack-resources \ --stack-name my-stack

出力:

{ "StackResourceSummaries": [ { "LogicalResourceId": "bucket", "PhysicalResourceId": "my-stack-bucket-1vc62xmplgguf", "ResourceType": "AWS::S3::Bucket", "LastUpdatedTimestamp": "2019-10-02T04:34:11.345Z", "ResourceStatus": "CREATE_COMPLETE", "DriftInformation": { "StackResourceDriftStatus": "IN_SYNC" } }, { "LogicalResourceId": "function", "PhysicalResourceId": "my-function-SEZV4XMPL4S5", "ResourceType": "AWS::Lambda::Function", "LastUpdatedTimestamp": "2019-10-02T05:34:27.989Z", "ResourceStatus": "UPDATE_COMPLETE", "DriftInformation": { "StackResourceDriftStatus": "IN_SYNC" } }, { "LogicalResourceId": "functionRole", "PhysicalResourceId": "my-functionRole-HIZXMPLEOM9E", "ResourceType": "AWS::IAM::Role", "LastUpdatedTimestamp": "2019-10-02T04:34:06.350Z", "ResourceStatus": "CREATE_COMPLETE", "DriftInformation": { "StackResourceDriftStatus": "IN_SYNC" } } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListStackResources」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: 指定されたスタックに関連付けられているすべてのリソースの説明を返します。

Get-CFNStackResourceSummary -StackName "myStack"

例 2: 結果の手動ページングを使用して、指定されたスタックに関連付けられているすべてのリソースの説明を返します。次のページの開始トークンは、呼び出しごとに取得されます。$null は、取得する詳細情報が残っていないことを示します。

$nextToken = $null do { Get-CFNStackResourceSummary -StackName "myStack" -NextToken $nextToken $nextToken = $AWSHistory.LastServiceResponse.NextToken } while ($nextToken -ne $null)
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスListStackResources」の「」を参照してください。