AWS SDK またはコマンドラインツールUpdateStackで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールUpdateStackで を使用する

以下のコード例は、UpdateStack の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

AWS CloudFormation スタックを更新するには

以下の update-stack コマンドは、mystack スタックのテンプレートと入力パラメータを更新します。

aws cloudformation update-stack --stack-name mystack --template-url https://s3.amazonaws.com/sample/updated.template --parameters ParameterKey=KeyPairName,ParameterValue=SampleKeyPair ParameterKey=SubnetIDs,ParameterValue=SampleSubnetID1\\,SampleSubnetID2

以下の update-stack コマンドは、mystack スタックの SubnetIDs パラメータ値のみを更新します。パラメータ値を指定しない場合は、テンプレートで指定されているデフォルト値が使用されます。

aws cloudformation update-stack --stack-name mystack --template-url https://s3.amazonaws.com/sample/updated.template --parameters ParameterKey=KeyPairName,UsePreviousValue=true ParameterKey=SubnetIDs,ParameterValue=SampleSubnetID1\\,UpdatedSampleSubnetID2

以下の update-stack コマンドは、mystack スタックに 2 つのスタック通知トピックを追加します。

aws cloudformation update-stack --stack-name mystack --use-previous-template --notification-arns "arn:aws:sns:use-east-1:123456789012:mytopic1" "arn:aws:sns:us-east-1:123456789012:mytopic2"

詳細については、「 ユーザーガイド」の「 AWS CloudFormation スタックの更新」を参照してください。 AWS CloudFormation

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateStack」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: 指定されたテンプレートとカスタマイゼーションパラメータでスタック「MyStack」を更新します。「PK1」はテンプレートで宣言されているパラメータの名前を表し、「PV1」はその値を表します。カスタマイズパラメータは、「Key」と「Value」の代わりに「Key」と「ValueParameterKeyParameterValue」を使用して指定することもできます。

Update-CFNStack -StackName "myStack" ` -TemplateBody "{Template Content Here}" ` -Parameter @{ ParameterKey="PK1"; ParameterValue="PV1" }

例 2: 指定されたテンプレートとカスタマイゼーションパラメータでスタック「MyStack」を更新します。「PK1」と「PK2」はテンプレートで宣言されているパラメータの名前を表し、「PV1」と「PV2」はそれらの要求された値を表します。カスタマイズパラメータは、「Key」と「Value」の代わりに「Key」と「ValueParameterKeyParameterValue」を使用して指定することもできます。

Update-CFNStack -StackName "myStack" ` -TemplateBody "{Template Content Here}" ` -Parameter @( @{ ParameterKey="PK1"; ParameterValue="PV1" }, @{ ParameterKey="PK2"; ParameterValue="PV2" } )

例 3: 指定されたテンプレートとカスタマイゼーションパラメータでスタック「MyStack」を更新します。「PK1」はテンプレートで宣言されているパラメータの名前を表し、「PV2」はその値を表します。カスタマイズパラメータは、「Key」と「Value」の代わりに「Key」と「ValueParameterKeyParameterValue」を使用して指定することもできます。

Update-CFNStack -StackName "myStack" -TemplateBody "{Template Content Here}" -Parameters @{ ParameterKey="PK1"; ParameterValue="PV1" }

例 4: 指定されたテンプレート (Amazon S3 から取得されたもの) とカスタマイゼーションパラメータでスタック「MyStack」を更新します。「PK1」と「PK2」はテンプレートで宣言されているパラメータの名前を表し、「PV1」と「PV2」はそれらの要求された値を表します。カスタマイズパラメータは、「Key」と「Value」の代わりに「Key」と「ValueParameterKeyParameterValue」を使用して指定することもできます。

Update-CFNStack -StackName "myStack" ` -TemplateURL https://s3.amazonaws.com/mytemplates/templatefile.template ` -Parameter @( @{ ParameterKey="PK1"; ParameterValue="PV1" }, @{ ParameterKey="PK2"; ParameterValue="PV2" } )

例 5: 指定されたテンプレート (Amazon S3 から取得されたもの) とカスタマイゼーションパラメータでスタック「MyStack」(この例では IAM リソースが含まれていることを想定) を更新します。「PK1」と「PK2」はテンプレートで宣言されているパラメータの名前を表し、「PV1」と「PV2」はそれらの要求された値を表します。カスタマイズパラメータは、「Key」と「Value」の代わりに「Key」と「ValueParameterKeyParameterValue」を使用して指定することもできます。IAM リソースを含むスタックでは、-Capabilities「CAPABILITY_IAM」パラメータを指定する必要があります。指定しないと、InsufficientCapabilities「」エラーで更新が失敗します。

Update-CFNStack -StackName "myStack" ` -TemplateURL https://s3.amazonaws.com/mytemplates/templatefile.template ` -Parameter @( @{ ParameterKey="PK1"; ParameterValue="PV1" }, @{ ParameterKey="PK2"; ParameterValue="PV2" } ) ` -Capabilities "CAPABILITY_IAM"
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスUpdateStack」の「」を参照してください。