AWS SDK またはコマンドラインツールGetCloudFrontOriginAccessIdentityで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールGetCloudFrontOriginAccessIdentityで を使用する

以下のコード例は、GetCloudFrontOriginAccessIdentity の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

CloudFront オリジンアクセスアイデンティティを取得するには

次の例では、 ETagと関連する S3 正規 ID を含むE74FTE3AEXAMPLE、ID が の CloudFront オリジンアクセスアイデンティティ (OAI) を取得します。OAI ID は、create-cloud-front-origin-access-identity コマンドと list-cloud-front-origin-access-identities コマンドの出力で返されます。

aws cloudfront get-cloud-front-origin-access-identity --id E74FTE3AEXAMPLE

出力:

{ "ETag": "E2QWRUHEXAMPLE", "CloudFrontOriginAccessIdentity": { "Id": "E74FTE3AEXAMPLE", "S3CanonicalUserId": "cd13868f797c227fbea2830611a26fe0a21ba1b826ab4bed9b7771c9aEXAMPLE", "CloudFrontOriginAccessIdentityConfig": { "CallerReference": "cli-example", "Comment": "Example OAI" } } }
PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、-Id パラメータで指定された特定の Amazon CloudFront オリジンアクセスアイデンティティを返します。-Id パラメータは必須ではありませんが、指定しないと、結果は返されません。

Get-CFCloudFrontOriginAccessIdentity -Id E3XXXXXXXXXXRT

出力:

CloudFrontOriginAccessIdentityConfig Id S3CanonicalUserId ------------------------------------ -- ----------------- Amazon.CloudFront.Model.CloudFrontOr... E3XXXXXXXXXXRT 4b6e...
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetCloudFrontOriginAccessIdentity」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell