AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeTrailsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeTrailsで を使用する

以下のコード例は、DescribeTrails の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

証跡を記述するには

次のdescribe-trailsコマンドは、 Trail1と の設定を返しますTrail2

aws cloudtrail describe-trails --trail-name-list Trail1 Trail2

出力:

{ "trailList": [ { "IncludeGlobalServiceEvents": true, "Name": "Trail1", "TrailARN": "arn:aws:cloudtrail:us-east-1:123456789012:trail/Trail1", "LogFileValidationEnabled": false, "IsMultiRegionTrail": false, "S3BucketName": "my-bucket", "CloudWatchLogsRoleArn": "arn:aws:iam::123456789012:role/CloudTrail_CloudWatchLogs_Role", "CloudWatchLogsLogGroupArn": "arn:aws:logs:us-east-1:123456789012:log-group:CloudTrail:*", "SnsTopicName": "my-topic", "HomeRegion": "us-east-1" }, { "IncludeGlobalServiceEvents": true, "Name": "Trail2", "S3KeyPrefix": "my-prefix", "TrailARN": "arn:aws:cloudtrail:us-east-1:123456789012:trail/Trail2", "LogFileValidationEnabled": false, "IsMultiRegionTrail": false, "S3BucketName": "my-bucket", "KmsKeyId": "arn:aws:kms:us-east-1:123456789012:key/4c5ae5ac-3c13-421e-8335-c7868ef6a769", "HomeRegion": "us-east-1" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeTrails」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: アカウントの現在のリージョンに関連付けられているすべての証跡の設定を返します。

Get-CTTrail

例 2: 指定された証跡の設定を返します。

Get-CTTrail -TrailNameList trail1,trail2

例 3: 現在のシェルのデフォルト以外のリージョン (この場合はフランクフルト (eu-central-1) リージョン) で作成された、指定された証跡の設定を返します。

Get-CTTrail -TrailNameList trailABC,trailDEF -Region eu-central-1
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeTrails」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell