AWS SDK またはコマンドラインツールListProjectsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールListProjectsで を使用する

以下のコード例は、ListProjects の使用方法を示しています。

C++
SDK for C++
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

//! List the CodeBuild projects. /*! \param sortType: 'SortOrderType' type. \param clientConfiguration: AWS client configuration. \return bool: Function succeeded. */ bool AwsDoc::CodeBuild::listProjects(Aws::CodeBuild::Model::SortOrderType sortType, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfiguration) { Aws::CodeBuild::CodeBuildClient codeBuildClient(clientConfiguration); Aws::CodeBuild::Model::ListProjectsRequest listProjectsRequest; listProjectsRequest.SetSortOrder(sortType); Aws::String nextToken; // Next token for pagination. Aws::Vector<Aws::String> allProjects; do { if (!nextToken.empty()) { listProjectsRequest.SetNextToken(nextToken); } Aws::CodeBuild::Model::ListProjectsOutcome outcome = codeBuildClient.ListProjects( listProjectsRequest); if (outcome.IsSuccess()) { const Aws::Vector<Aws::String> &projects = outcome.GetResult().GetProjects(); allProjects.insert(allProjects.end(), projects.begin(), projects.end()); nextToken = outcome.GetResult().GetNextToken(); } else { std::cerr << "Error listing projects" << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; } } while (!nextToken.empty()); std::cout << allProjects.size() << " project(s) found." << std::endl; for (auto project: allProjects) { std::cout << project << std::endl; } return true; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスListProjects」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

CLI
AWS CLI

AWS CodeBuild ビルドプロジェクト名のリストを取得するには。

次のlist-projects例では、名前で昇順にソートされた CodeBuild ビルドプロジェクトのリストを取得します。

aws codebuild list-projects --sort-by NAME --sort-order ASCENDING

出力には、使用可能な出力がさらに多いことを示すnextToken値が含まれています。

{ "nextToken": "Ci33ACF6...The full token has been omitted for brevity...U+AkMx8=", "projects": [ "codebuild-demo-project", "codebuild-demo-project2", ... The full list of build project names has been omitted for brevity ... "codebuild-demo-project99" ] }

このコマンドを再度実行し、前のレスポンスのnextToken値をパラメータとして指定して、出力の次の部分を取得します。レスポンスでnextToken値を受け取らないまで繰り返します。

aws codebuild list-projects --sort-by NAME --sort-order ASCENDING --next-token Ci33ACF6...The full token has been omitted for brevity...U+AkMx8= { "projects": [ "codebuild-demo-project100", "codebuild-demo-project101", ... The full list of build project names has been omitted for brevity ... "codebuild-demo-project122" ] }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「ビルドプロジェクト名のリストを表示する (AWS CLI)」を参照してください。 AWS CodeBuild

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListProjects」の「」を参照してください。 AWS CLI