AWS SDK またはコマンドラインツールUpdateRepositoryNameで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールUpdateRepositoryNameで を使用する

以下のコード例は、UpdateRepositoryName の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

リポジトリの名前を変更するには

この例では、 AWS CodeCommit リポジトリの名前を変更します。このコマンドは、エラーがある場合にのみ出力を生成します。 AWS CodeCommit リポジトリの名前を変更すると、ユーザーがリポジトリに接続するために必要な SSH および HTTPS URLs が変更されます。ユーザーは、接続設定を更新するまでこのリポジトリに接続できなくなります。また、リポジトリの ARN が変更されるため、リポジトリ名を変更すると、このリポジトリの ARN に依存するすべての IAM ユーザーポリシーが無効になります。

コマンド:

aws codecommit update-repository-name --old-name MyDemoRepo --new-name MyRenamedDemoRepo

出力:

None.
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateRepositoryName」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したリポジトリの名前を変更します。

Update-CCRepositoryName -NewName MyDemoRepo2 -OldName MyDemoRepo
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスUpdateRepositoryName」の「」を参照してください。