AWS SDK または CLI AcknowledgeJobで を使用する - AWS SDK コードの例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK または CLI AcknowledgeJobで を使用する

以下のコード例は、AcknowledgeJob の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

指定されたジョブに関する情報を取得するには

この例では、指定されたジョブが存在する場合、そのジョブのステータスを含む、指定されたジョブに関する情報を返します。これは、ジョブワーカーとカスタムアクションにのみ使用されます。nonce の値とジョブ ID を決定するには、aws codepipeline を使用します poll-for-jobs。

コマンド:

aws codepipeline acknowledge-job --job-id f4f4ff82-2d11-EXAMPLE --nonce 3

出力:

{ "status": "InProgress" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAcknowledgeJob」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたジョブのステータスを取得します。

Confirm-CPJob -JobId f570dc12-5ef3-44bc-945a-6e133EXAMPLE -Nonce 3

出力:

Value ----- InProgress
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスAcknowledgeJob」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell