AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteCustomActionTypeで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteCustomActionTypeで を使用する

以下のコード例は、DeleteCustomActionType の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

カスタムアクションを削除するには

この例では、削除するアクションのアクションタイプ、プロバイダー名、およびバージョン番号を含む、既に作成された JSON ファイル (ここでは DeleteMyCustomAction.json という名前) AWS CodePipeline を使用して、 のカスタムアクションを削除します。 list-action-types コマンドを使用して、カテゴリ、バージョン、プロバイダーの正しい値を表示します。

コマンド:

aws codepipeline delete-custom-action-type --cli-input-json file://DeleteMyCustomAction.json

JSON ファイルのサンプルコンテンツ:

{ "category": "Build", "version": "1", "provider": "MyJenkinsProviderName" }

出力:

None.
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteCustomActionType」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたカスタムアクションを削除します。このコマンドは、続行する前に確認を求めるプロンプトを表示します。-Force パラメータを追加して、プロンプトを表示せずにカスタムアクションを削除します。

Remove-CPCustomActionType -Category Build -Provider MyBuildProviderName -Version 1
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDeleteCustomActionType」の「」を参照してください。