AWS SDK またはコマンドラインツールPollForJobsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールPollForJobsで を使用する

以下のコード例は、PollForJobs の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

使用可能なジョブを表示するには

この例では、ジョブワーカーが処理するジョブに関する情報を返します。この例では、事前定義された JSON ファイル (MyActionTypeInfo.json) を使用して、ジョブワーカーがジョブを処理するアクションタイプに関する情報を提供します。このコマンドは、カスタムアクションにのみ使用されます。このコマンドが呼び出されると、 はパイプラインのアーティファクトを保存するために使用される Amazon S3 バケットの一時的な認証情報 AWS CodePipeline を返します。このコマンドは、アクションに定義されているシークレット値がある場合は、それも返します。

コマンド:

aws codepipeline poll-for-jobs --cli-input-json file://MyActionTypeInfo.json

JSON ファイルのサンプルコンテンツ:

{ "actionTypeId": { "category": "Test", "owner": "Custom", "provider": "MyJenkinsProviderName", "version": "1" }, "maxBatchSize": 5, "queryParam": { "ProjectName": "MyJenkinsTestProject" } }

出力:

{ "jobs": [ { "accountId": "111111111111", "data": { "actionConfiguration": { "__type": "ActionConfiguration", "configuration": { "ProjectName": "MyJenkinsExampleTestProject" } }, "actionTypeId": { "__type": "ActionTypeId", "category": "Test", "owner": "Custom", "provider": "MyJenkinsProviderName", "version": "1" }, "artifactCredentials": { "__type": "AWSSessionCredentials", "accessKeyId": "AKIAIOSFODNN7EXAMPLE", "secretAccessKey": "wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY", "sessionToken": "fICCQD6m7oRw0uXOjANBgkqhkiG9w0BAQUFADCBiDELMAkGA1UEBhMCVVMxCzAJBgNVBAgTAldBMRAwDgYDVQQHEwdTZWF0dGxlMQ8wDQYDVQQKEwZBbWF6b24xFDASBgNVBAsTC0lBTSBDb25zb2xlMRIwEAYDVQQDEwlUZXN0Q2lsYWMxHzAdBgkqhkiG9w0BCQEWEG5vb25lQGFtYXpvbi5jb20wHhcNMTEwNDI1MjA0NTIxWhcNMTIwNDI0MjA0NTIxWjCBiDELMAkGA1UEBhMCVVMxCzAJBgNVBAgTAldBMRAwDgYDVQQHEwdTZWF0dGxlMQ8wDQYDVQQKEwZBbWF6b24xFDASBgNVBAsTC0lBTSBDb25zb2xlMRIwEAYDVQQDEwlUZXN0Q2lsYWMxHzAdBgkqhkiG9w0BCQEWEG5vb25lQGFtYXpvbi5jb20wgZ8wDQYJKoZIhvcNAQEBBQADgY0AMIGJAoGBAMaK0dn+a4GmWIWJ21uUSfwfEvySWtC2XADZ4nB+BLYgVIk60CpiwsZ3G93vUEIO3IyNoH/f0wYK8m9TrDHudUZg3qX4waLG5M43q7Wgc/MbQITxOUSQv7c7ugFFDzQGBzZswY6786m86gpEIbb3OhjZnzcvQAaRHhdlQWIMm2nrAgMBAAEwDQYJKoZIhvcNAQEFBQADgYEAtCu4nUhVVxYUntneD9+h8Mg9q6q+auNKyExzyLwaxlAoo7TJHidbtS4J5iNmZgXL0FkbFFBjvSfpJIlJ00zbhNYS5f6GuoEDmFJl0ZxBHjJnyp378OD8uTs7fLvjx79LjSTbNYiytVbZPQUQ5Yaxu2jXnimvw3rrszlaEXAMPLE=" }, "inputArtifacts": [ { "__type": "Artifact", "location": { "s3Location": { "bucketName": "codepipeline-us-east-1-11EXAMPLE11", "objectKey": "MySecondPipeline/MyAppBuild/EXAMPLE" }, "type": "S3" }, "name": "MyAppBuild" } ], "outputArtifacts": [], "pipelineContext": { "__type": "PipelineContext", "action": { "name": "MyJenkinsTest-Action" }, "pipelineName": "MySecondPipeline", "stage": { "name": "Testing" } } }, "id": "ef66c259-64f9-EXAMPLE", "nonce": "3" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPollForJobs」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたアクションカテゴリ、所有者、プロバイダー、バージョン、およびクエリパラメータのすべての実用的なジョブに関する情報を取得します。

Get-CPActionableJobList -ActionTypeId_Category Build -ActionTypeId_Owner Custom -ActionTypeId_Provider MyCustomProviderName -ActionTypeId_Version 1 -QueryParam @{"ProjectName" = "MyProjectName"}

出力:

AccountId Data Id Nonce --------- ---- -- ----- 80398EXAMPLE Amazon.CodePipeline.Model.JobData 0de392f5-712d-4f41-ace3-f57a0EXAMPLE 3
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスPollForJobs」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell