AWS SDK またはコマンドラインツールConfirmForgotPasswordで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールConfirmForgotPasswordで を使用する

以下のコード例は、ConfirmForgotPassword の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

CLI
AWS CLI

忘れたパスワードを確認するには

この例では、ユーザー名 diego@example.com を忘れた場合のパスワードを確認します。

コマンド:

aws cognito-idp confirm-forgot-password --client-id 3n4b5urk1ft4fl3mg5e62d9ado --username=diego@example.com --password PASSWORD --confirmation-code CONF_CODE
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスConfirmForgotPassword」の「」を参照してください。 AWS CLI

Go
SDK for Go V2
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

type CognitoActions struct { CognitoClient *cognitoidentityprovider.Client } // ConfirmForgotPassword confirms a user with a confirmation code and a new password. func (actor CognitoActions) ConfirmForgotPassword(clientId string, code string, userName string, password string) error { _, err := actor.CognitoClient.ConfirmForgotPassword(context.TODO(), &cognitoidentityprovider.ConfirmForgotPasswordInput{ ClientId: aws.String(clientId), ConfirmationCode: aws.String(code), Password: aws.String(password), Username: aws.String(userName), }) if err != nil { var invalidPassword *types.InvalidPasswordException if errors.As(err, &invalidPassword) { log.Println(*invalidPassword.Message) } else { log.Printf("Couldn't confirm user %v. Here's why: %v", userName, err) } } return err }
  • API の詳細については、「 API リファレンスConfirmForgotPassword」の「」を参照してください。 AWS SDK for Go