AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeIdentityPoolで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeIdentityPoolで を使用する

以下のコード例は、DescribeIdentityPool の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

ID プールを記述するには

この例では、ID プールについて説明します。

コマンド:

aws cognito-identity describe-identity-pool --identity-pool-id "us-west-2:11111111-1111-1111-1111-111111111111"

出力:

{ "IdentityPoolId": "us-west-2:11111111-1111-1111-1111-111111111111", "IdentityPoolName": "MyIdentityPool", "AllowUnauthenticatedIdentities": false, "CognitoIdentityProviders": [ { "ProviderName": "cognito-idp.us-west-2.amazonaws.com/us-west-2_111111111", "ClientId": "3n4b5urk1ft4fl3mg5e62d9ado", "ServerSideTokenCheck": false } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeIdentityPool」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: 特定の ID プールに関する情報を ID で取得します。

Get-CGIIdentityPool -IdentityPoolId us-east-1:0de2af35-2988-4d0b-b22d-EXAMPLEGUID1

出力:

LoggedAt : 8/12/2015 4:29:40 PM AllowUnauthenticatedIdentities : True DeveloperProviderName : IdentityPoolId : us-east-1:0de2af35-2988-4d0b-b22d-EXAMPLEGUID1 IdentityPoolName : CommonTests1 OpenIdConnectProviderARNs : {} SupportedLoginProviders : {} ResponseMetadata : Amazon.Runtime.ResponseMetadata ContentLength : 142 HttpStatusCode : OK
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeIdentityPool」の「」を参照してください。