AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteDocumentClassifierで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteDocumentClassifierで を使用する

以下のコード例は、DeleteDocumentClassifier の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

CLI
AWS CLI

カスタムドキュメント分類子を削除するには

次の delete-document-classifier の例では、カスタムドキュメント分類子モデルを削除します。

aws comprehend delete-document-classifier \ --document-classifier-arn arn:aws:comprehend:us-west-2:111122223333:document-classifier/example-classifier-1

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon Comprehend デベロッパーガイド」の「Amazon Comprehend のエンドポイントの管理」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteDocumentClassifier」の「」を参照してください。 AWS CLI

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

class ComprehendClassifier: """Encapsulates an Amazon Comprehend custom classifier.""" def __init__(self, comprehend_client): """ :param comprehend_client: A Boto3 Comprehend client. """ self.comprehend_client = comprehend_client self.classifier_arn = None def delete(self): """ Deletes the classifier. """ try: self.comprehend_client.delete_document_classifier( DocumentClassifierArn=self.classifier_arn ) logger.info("Deleted classifier %s.", self.classifier_arn) self.classifier_arn = None except ClientError: logger.exception("Couldn't deleted classifier %s.", self.classifier_arn) raise
  • API の詳細については、 DeleteDocumentClassifier AWS SDK for Python (Boto3) API リファレンスの「」を参照してください。