AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeConfigurationRecorderStatusで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeConfigurationRecorderStatusで を使用する

以下のコード例は、DescribeConfigurationRecorderStatus の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

設定レコーダーのステータス情報を取得するには

次のコマンドは、デフォルトの設定レコーダーのステータスを返します。

aws configservice describe-configuration-recorder-status

出力:

{ "ConfigurationRecordersStatus": [ { "name": "default", "lastStatus": "SUCCESS", "recording": true, "lastStatusChangeTime": 1452193834.344, "lastStartTime": 1441039997.819, "lastStopTime": 1441039992.835 } ] }
PowerShell
のツール PowerShell

例 1: このサンプルは、設定レコーダーのステータスを返します。

Get-CFGConfigurationRecorderStatus

出力:

LastErrorCode : LastErrorMessage : LastStartTime : 10/11/2019 10:13:51 AM LastStatus : Success LastStatusChangeTime : 12/31/2019 6:14:12 AM LastStopTime : 10/11/2019 10:13:46 AM Name : default Recording : True
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeConfigurationRecorderStatus」の「」を参照してください。