AWS SDK またはコマンドラインツールPutDeliveryChannelで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールPutDeliveryChannelで を使用する

以下のコード例は、PutDeliveryChannel の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

配信チャネルを作成するには

次のコマンドは、配信チャネルの設定を JSON コードとして提供します。

aws configservice put-delivery-channel --delivery-channel file://deliveryChannel.json

deliveryChannel.json ファイルは、配信チャネル属性を指定します。

{ "name": "default", "s3BucketName": "config-bucket-123456789012", "snsTopicARN": "arn:aws:sns:us-east-1:123456789012:config-topic", "configSnapshotDeliveryProperties": { "deliveryFrequency": "Twelve_Hours" } }

この例では以下の属性を設定します。

name - 配信チャネルの名前。デフォルトでは、 AWS Config は新しい配信チャネルdefaultに名前を割り当てます。 put-delivery-channel コマンドを使用して配信チャネル名を更新することはできません。名前を変更する手順については、「配信チャネルの名前の変更」を参照してください。s3BucketName- AWS Config が設定スナップショットと設定履歴ファイルを配信する Amazon S3 バケットの名前。別の AWS アカウントに属するバケットを指定する場合、そのバケットには AWS Config へのアクセス許可を付与するポリシーが必要です。詳細については、Amazon S3 バケットのアクセス許可を参照してください。

snsTopicARN - AWS Config が設定変更に関する通知を送信する Amazon SNS トピックの Amazon リソースネーム (ARN)。別のアカウントからトピックを選択する場合、トピックには AWS Config へのアクセス許可を付与するポリシーが必要です。詳細については、「Amazon SNS トピックのアクセス許可」を参照してください。

configSnapshotDeliveryProperties - AWS Config が設定スナップショットを配信する頻度と、定期的な Config ルールの評価を呼び出す頻度を設定する deliveryFrequency 属性が含まれます。

コマンドが成功すると、 AWS Config は出力を返しません。配信チャネルの設定を確認するには、 describe-delivery-channels コマンドを実行します。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutDeliveryChannel」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、既存の配信チャネルの deliveryFrequency プロパティを変更します。

Write-CFGDeliveryChannel -ConfigSnapshotDeliveryProperties_DeliveryFrequency TwentyFour_Hours -DeliveryChannelName default -DeliveryChannel_S3BucketName config-bucket-NA -DeliveryChannel_S3KeyPrefix my
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスPutDeliveryChannel」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell