CloudWatch SDK for C++ を使用した の例 - AWS SDK コードの例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CloudWatch SDK for C++ を使用した の例

次のコード例は、 AWS SDK for C++ で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています CloudWatch。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードを設定および実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、DeleteAlarms を使用する方法を説明しています。

SDK for C++
注記

については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

必要なファイルを含めます。

#include <aws/core/Aws.h> #include <aws/monitoring/CloudWatchClient.h> #include <aws/monitoring/model/DeleteAlarmsRequest.h> #include <iostream>

アラームを削除します。

Aws::CloudWatch::CloudWatchClient cw; Aws::CloudWatch::Model::DeleteAlarmsRequest request; request.AddAlarmNames(alarm_name); auto outcome = cw.DeleteAlarms(request); if (!outcome.IsSuccess()) { std::cout << "Failed to delete CloudWatch alarm:" << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; } else { std::cout << "Successfully deleted CloudWatch alarm " << alarm_name << std::endl; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteAlarms」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

次の例は、DescribeAlarmsForMetric を使用する方法を説明しています。

SDK for C++
注記

については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

必要なファイルを含めます。

#include <aws/core/Aws.h> #include <aws/monitoring/CloudWatchClient.h> #include <aws/monitoring/model/DescribeAlarmsRequest.h> #include <aws/monitoring/model/DescribeAlarmsResult.h> #include <iomanip> #include <iostream>

mon-describe-alarms

Aws::CloudWatch::CloudWatchClient cw; Aws::CloudWatch::Model::DescribeAlarmsRequest request; request.SetMaxRecords(1); bool done = false; bool header = false; while (!done) { auto outcome = cw.DescribeAlarms(request); if (!outcome.IsSuccess()) { std::cout << "Failed to describe CloudWatch alarms:" << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; break; } if (!header) { std::cout << std::left << std::setw(32) << "Name" << std::setw(64) << "Arn" << std::setw(64) << "Description" << std::setw(20) << "LastUpdated" << std::endl; header = true; } const auto &alarms = outcome.GetResult().GetMetricAlarms(); for (const auto &alarm : alarms) { std::cout << std::left << std::setw(32) << alarm.GetAlarmName() << std::setw(64) << alarm.GetAlarmArn() << std::setw(64) << alarm.GetAlarmDescription() << std::setw(20) << alarm.GetAlarmConfigurationUpdatedTimestamp().ToGmtString( SIMPLE_DATE_FORMAT_STR) << std::endl; } const auto &next_token = outcome.GetResult().GetNextToken(); request.SetNextToken(next_token); done = next_token.empty(); }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDescribeAlarmsForMetric」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

次の例は、DisableAlarmActions を使用する方法を説明しています。

SDK for C++
注記

については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

必要なファイルを含めます。

#include <aws/core/Aws.h> #include <aws/monitoring/CloudWatchClient.h> #include <aws/monitoring/model/DisableAlarmActionsRequest.h> #include <iostream>

アラームアクションを無効化します。

Aws::CloudWatch::CloudWatchClient cw; Aws::CloudWatch::Model::DisableAlarmActionsRequest disableAlarmActionsRequest; disableAlarmActionsRequest.AddAlarmNames(alarm_name); auto disableAlarmActionsOutcome = cw.DisableAlarmActions(disableAlarmActionsRequest); if (!disableAlarmActionsOutcome.IsSuccess()) { std::cout << "Failed to disable actions for alarm " << alarm_name << ": " << disableAlarmActionsOutcome.GetError().GetMessage() << std::endl; } else { std::cout << "Successfully disabled actions for alarm " << alarm_name << std::endl; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDisableAlarmActions」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

次の例は、EnableAlarmActions を使用する方法を説明しています。

SDK for C++
注記

については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

必要なファイルを含めます。

#include <aws/core/Aws.h> #include <aws/monitoring/CloudWatchClient.h> #include <aws/monitoring/model/EnableAlarmActionsRequest.h> #include <aws/monitoring/model/PutMetricAlarmRequest.h> #include <iostream>

アラームアクションを有効化します。

Aws::CloudWatch::CloudWatchClient cw; Aws::CloudWatch::Model::PutMetricAlarmRequest request; request.SetAlarmName(alarm_name); request.SetComparisonOperator( Aws::CloudWatch::Model::ComparisonOperator::GreaterThanThreshold); request.SetEvaluationPeriods(1); request.SetMetricName("CPUUtilization"); request.SetNamespace("AWS/EC2"); request.SetPeriod(60); request.SetStatistic(Aws::CloudWatch::Model::Statistic::Average); request.SetThreshold(70.0); request.SetActionsEnabled(false); request.SetAlarmDescription("Alarm when server CPU exceeds 70%"); request.SetUnit(Aws::CloudWatch::Model::StandardUnit::Seconds); request.AddAlarmActions(actionArn); Aws::CloudWatch::Model::Dimension dimension; dimension.SetName("InstanceId"); dimension.SetValue(instanceId); request.AddDimensions(dimension); auto outcome = cw.PutMetricAlarm(request); if (!outcome.IsSuccess()) { std::cout << "Failed to create CloudWatch alarm:" << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; return; } Aws::CloudWatch::Model::EnableAlarmActionsRequest enable_request; enable_request.AddAlarmNames(alarm_name); auto enable_outcome = cw.EnableAlarmActions(enable_request); if (!enable_outcome.IsSuccess()) { std::cout << "Failed to enable alarm actions:" << enable_outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; return; } std::cout << "Successfully created alarm " << alarm_name << " and enabled actions on it." << std::endl;
  • API の詳細については、「 API リファレンスEnableAlarmActions」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

次の例は、ListMetrics を使用する方法を説明しています。

SDK for C++
注記

については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

必要なファイルを含めます。

#include <aws/core/Aws.h> #include <aws/monitoring/CloudWatchClient.h> #include <aws/monitoring/model/ListMetricsRequest.h> #include <aws/monitoring/model/ListMetricsResult.h> #include <iomanip> #include <iostream>

メトリクスを一覧表示します。

Aws::CloudWatch::CloudWatchClient cw; Aws::CloudWatch::Model::ListMetricsRequest request; if (argc > 1) { request.SetMetricName(argv[1]); } if (argc > 2) { request.SetNamespace(argv[2]); } bool done = false; bool header = false; while (!done) { auto outcome = cw.ListMetrics(request); if (!outcome.IsSuccess()) { std::cout << "Failed to list CloudWatch metrics:" << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; break; } if (!header) { std::cout << std::left << std::setw(48) << "MetricName" << std::setw(32) << "Namespace" << "DimensionNameValuePairs" << std::endl; header = true; } const auto &metrics = outcome.GetResult().GetMetrics(); for (const auto &metric : metrics) { std::cout << std::left << std::setw(48) << metric.GetMetricName() << std::setw(32) << metric.GetNamespace(); const auto &dimensions = metric.GetDimensions(); for (auto iter = dimensions.cbegin(); iter != dimensions.cend(); ++iter) { const auto &dimkv = *iter; std::cout << dimkv.GetName() << " = " << dimkv.GetValue(); if (iter + 1 != dimensions.cend()) { std::cout << ", "; } } std::cout << std::endl; } const auto &next_token = outcome.GetResult().GetNextToken(); request.SetNextToken(next_token); done = next_token.empty(); }
  • API の詳細については、「 API リファレンスListMetrics」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

次の例は、PutMetricAlarm を使用する方法を説明しています。

SDK for C++
注記

については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

必要なファイルを含めます。

#include <aws/core/Aws.h> #include <aws/monitoring/CloudWatchClient.h> #include <aws/monitoring/model/PutMetricAlarmRequest.h> #include <iostream>

メトリクスを監視するアラームを作成します。

Aws::CloudWatch::CloudWatchClient cw; Aws::CloudWatch::Model::PutMetricAlarmRequest request; request.SetAlarmName(alarm_name); request.SetComparisonOperator( Aws::CloudWatch::Model::ComparisonOperator::GreaterThanThreshold); request.SetEvaluationPeriods(1); request.SetMetricName("CPUUtilization"); request.SetNamespace("AWS/EC2"); request.SetPeriod(60); request.SetStatistic(Aws::CloudWatch::Model::Statistic::Average); request.SetThreshold(70.0); request.SetActionsEnabled(false); request.SetAlarmDescription("Alarm when server CPU exceeds 70%"); request.SetUnit(Aws::CloudWatch::Model::StandardUnit::Seconds); Aws::CloudWatch::Model::Dimension dimension; dimension.SetName("InstanceId"); dimension.SetValue(instanceId); request.AddDimensions(dimension); auto outcome = cw.PutMetricAlarm(request); if (!outcome.IsSuccess()) { std::cout << "Failed to create CloudWatch alarm:" << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; } else { std::cout << "Successfully created CloudWatch alarm " << alarm_name << std::endl; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスPutMetricAlarm」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

次の例は、PutMetricData を使用する方法を説明しています。

SDK for C++
注記

については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

必要なファイルを含めます。

#include <aws/core/Aws.h> #include <aws/monitoring/CloudWatchClient.h> #include <aws/monitoring/model/PutMetricDataRequest.h> #include <iostream>

メトリクスにデータを配置します。

Aws::CloudWatch::CloudWatchClient cw; Aws::CloudWatch::Model::Dimension dimension; dimension.SetName("UNIQUE_PAGES"); dimension.SetValue("URLS"); Aws::CloudWatch::Model::MetricDatum datum; datum.SetMetricName("PAGES_VISITED"); datum.SetUnit(Aws::CloudWatch::Model::StandardUnit::None); datum.SetValue(data_point); datum.AddDimensions(dimension); Aws::CloudWatch::Model::PutMetricDataRequest request; request.SetNamespace("SITE/TRAFFIC"); request.AddMetricData(datum); auto outcome = cw.PutMetricData(request); if (!outcome.IsSuccess()) { std::cout << "Failed to put sample metric data:" << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; } else { std::cout << "Successfully put sample metric data" << std::endl; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスPutMetricData」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++