CodeBuild SDK for C++ を使用した の例 - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CodeBuild SDK for C++ を使用した の例

次のコード例は、 AWS SDK for C++ で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています CodeBuild。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、ListBuilds を使用する方法を説明しています。

SDK for C++
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

//! List the CodeBuild builds. /*! \param sortType: 'SortOrderType' type. \param clientConfiguration: AWS client configuration. \return bool: Function succeeded. */ bool AwsDoc::CodeBuild::listBuilds(Aws::CodeBuild::Model::SortOrderType sortType, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfiguration) { Aws::CodeBuild::CodeBuildClient codeBuildClient(clientConfiguration); Aws::CodeBuild::Model::ListBuildsRequest listBuildsRequest; listBuildsRequest.SetSortOrder(sortType); Aws::String nextToken; // Used for pagination. do { if (!nextToken.empty()) { listBuildsRequest.SetNextToken(nextToken); } Aws::CodeBuild::Model::ListBuildsOutcome listBuildsOutcome = codeBuildClient.ListBuilds( listBuildsRequest); if (listBuildsOutcome.IsSuccess()) { std::cout << "Information about each build:" << std::endl; Aws::CodeBuild::Model::BatchGetBuildsRequest getBuildsRequest; getBuildsRequest.SetIds(listBuildsOutcome.GetResult().GetIds()); Aws::CodeBuild::Model::BatchGetBuildsOutcome getBuildsOutcome = codeBuildClient.BatchGetBuilds( getBuildsRequest); if (getBuildsOutcome.IsSuccess()) { const Aws::Vector<Aws::CodeBuild::Model::Build> &builds = getBuildsOutcome.GetResult().GetBuilds(); std::cout << builds.size() << " build(s) found." << std::endl; for (auto val: builds) { std::cout << val.GetId() << std::endl; } } else { std::cout << "Error getting builds" << getBuildsOutcome.GetError().GetMessage() << std::endl; return false; } nextToken = listBuildsOutcome.GetResult().GetNextToken(); } else { std::cerr << "Error listing builds" << listBuildsOutcome.GetError().GetMessage() << std::endl; return false; } } while (!nextToken.empty()); return true; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスListBuilds」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

次の例は、ListProjects を使用する方法を説明しています。

SDK for C++
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

//! List the CodeBuild projects. /*! \param sortType: 'SortOrderType' type. \param clientConfiguration: AWS client configuration. \return bool: Function succeeded. */ bool AwsDoc::CodeBuild::listProjects(Aws::CodeBuild::Model::SortOrderType sortType, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfiguration) { Aws::CodeBuild::CodeBuildClient codeBuildClient(clientConfiguration); Aws::CodeBuild::Model::ListProjectsRequest listProjectsRequest; listProjectsRequest.SetSortOrder(sortType); Aws::String nextToken; // Next token for pagination. Aws::Vector<Aws::String> allProjects; do { if (!nextToken.empty()) { listProjectsRequest.SetNextToken(nextToken); } Aws::CodeBuild::Model::ListProjectsOutcome outcome = codeBuildClient.ListProjects( listProjectsRequest); if (outcome.IsSuccess()) { const Aws::Vector<Aws::String> &projects = outcome.GetResult().GetProjects(); allProjects.insert(allProjects.end(), projects.begin(), projects.end()); nextToken = outcome.GetResult().GetNextToken(); } else { std::cerr << "Error listing projects" << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; } } while (!nextToken.empty()); std::cout << allProjects.size() << " project(s) found." << std::endl; for (auto project: allProjects) { std::cout << project << std::endl; } return true; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスListProjects」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

次の例は、StartBuild を使用する方法を説明しています。

SDK for C++
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

//! Start an AWS CodeBuild project build. /*! \param projectName: A CodeBuild project name. \param clientConfiguration: AWS client configuration. \return bool: Function succeeded. */ bool AwsDoc::CodeBuild::startBuild(const Aws::String &projectName, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfiguration) { Aws::CodeBuild::CodeBuildClient codeBuildClient(clientConfiguration); Aws::CodeBuild::Model::StartBuildRequest startBuildRequest; startBuildRequest.SetProjectName(projectName); Aws::CodeBuild::Model::StartBuildOutcome outcome = codeBuildClient.StartBuild( startBuildRequest); if (outcome.IsSuccess()) { std::cout << "Successfully started build" << std::endl; std::cout << "Build ID: " << outcome.GetResult().GetBuild().GetId() << std::endl; } else { std::cerr << "Error starting build" << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; } return outcome.IsSuccess(); }
  • API の詳細については、「 API リファレンスStartBuild」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++