AWS IoT data SDK for C++ を使用した の例 - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS IoT data SDK for C++ を使用した の例

次のコード例は、 AWS SDK for C++ で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています AWS IoT data。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、GetThingShadow を使用する方法を説明しています。

SDK for C++
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

//! Get the shadow of an AWS IoT thing. /*! \param thingName: The name for the thing. \param documentResult: String to receive the state information, in JSON format. \param clientConfiguration: AWS client configuration. \return bool: Function succeeded. */ bool AwsDoc::IoT::getThingShadow(const Aws::String &thingName, Aws::String &documentResult, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfiguration) { Aws::IoTDataPlane::IoTDataPlaneClient iotClient(clientConfiguration); Aws::IoTDataPlane::Model::GetThingShadowRequest request; request.SetThingName(thingName); auto outcome = iotClient.GetThingShadow(request); if (outcome.IsSuccess()) { std::stringstream ss; ss << outcome.GetResult().GetPayload().rdbuf(); documentResult = ss.str(); } else { std::cerr << "Error getting thing shadow: " << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; } return outcome.IsSuccess(); }
  • API の詳細については、「 API リファレンスGetThingShadow」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

次の例は、UpdateThingShadow を使用する方法を説明しています。

SDK for C++
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

//! Update the shadow of an AWS IoT thing. /*! \param thingName: The name for the thing. \param document: The state information, in JSON format. \param clientConfiguration: AWS client configuration. \return bool: Function succeeded. */ bool AwsDoc::IoT::updateThingShadow(const Aws::String &thingName, const Aws::String &document, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfiguration) { Aws::IoTDataPlane::IoTDataPlaneClient iotDataPlaneClient(clientConfiguration); Aws::IoTDataPlane::Model::UpdateThingShadowRequest updateThingShadowRequest; updateThingShadowRequest.SetThingName(thingName); std::shared_ptr<std::stringstream> streamBuf = std::make_shared<std::stringstream>( document); updateThingShadowRequest.SetBody(streamBuf); Aws::IoTDataPlane::Model::UpdateThingShadowOutcome outcome = iotDataPlaneClient.UpdateThingShadow( updateThingShadowRequest); if (outcome.IsSuccess()) { std::cout << "Successfully updated thing shadow." << std::endl; } else { std::cerr << "Error while updating thing shadow." << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; } return outcome.IsSuccess(); }
  • API の詳細については、「 API リファレンスUpdateThingShadow」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++