Aurora Serverless 作業項目トラッカーの作成 - AWS SDK コードサンプル

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Aurora Serverless 作業項目トラッカーの作成

AWS SDK for .NET

AWS SDK for .NET を使用して Amazon Aurora データベースの作業項目を追跡し、Amazon Simple Email Service (Amazon SES) を使用してレポートを E メールで送信するウェブアプリケーションを作成する方法を示します。この例では、React.js で構築されたフロントエンドを使用して RESTful .NET バックエンドと対話します。

  • React ウェブアプリケーションを AWS のサービスと統合します。

  • Aurora テーブルの項目を一覧表示、更新、削除します。

  • Amazon SES を使用して、フィルター処理された作業項目の E メールレポートを送信します。

  • 付属の AWS CloudFormation スクリプトでサンプルリソースをデプロイおよび管理します。

完全なソースコードとセットアップと実行の手順については、「」の完全な例を参照してくださいGitHub

この例で使用されているサービス
  • Aurora

  • Amazon RDS

  • Amazon RDS データサービス

  • Amazon SES