AWS SDK を使用して Amazon Rekognition でイメージ内のオブジェクトを検出する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK を使用して Amazon Rekognition でイメージ内のオブジェクトを検出する

SDK for Python (Boto3)

を使用して、以下を実行できるウェブアプリケーション AWS SDK for Python (Boto3) を作成する方法を示します。

  • Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットに、写真をアップロードします。

  • Amazon Rekognition を使用して、写真を分析およびラベル付けします。

  • Amazon Simple Email Service (Amazon SES) を使用して、イメージ分析の E メールレポートを送信します。

この例には、React で構築 JavaScript された で記述されたウェブページと、Flask-RESTful で構築された Python で記述された REST サービスの 2 つの主要コンポーネントが含まれています。

React ウェブページを使用すると、次のことができます。

  • S3 バケットに保存されているイメージのリストを表示します。

  • イメージを S3 バケットにアップロードします。

  • イメージ内で検出された項目を識別するイメージとラベルを表示します。

  • S3 バケット内のすべてのイメージのレポートを取得し、レポートの E メールを送信します。

ウェブページが REST サービスを呼び出します。サービスはリクエストを AWS に送信して、以下のアクションを実行します。

  • S3 バケット内のイメージのリストを取得し、フィルタリングします。

  • Amazon S3 バケットに写真をアップロードします。

  • Amazon Rekognition を使用して個々の写真を分析し、写真で検出された項目を識別するラベルのリストを取得します。

  • S3 バケット内のすべての写真を分析し、Amazon SES を使用してレポートを E メールで送信します。

完全なソースコードとセットアップと実行の手順については、「」の完全な例を参照してくださいGitHub

この例で使用されているサービス
  • Amazon Rekognition

  • Amazon S3

  • Amazon SES