AWS CloudFormation を使用した の例 AWS SDK for .NET - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CloudFormation を使用した の例 AWS SDK for .NET

次のコード例は、 AWS SDK for .NET で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています AWS CloudFormation。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

開始方法

次のコード例は、 AWS CloudFormationの使用を開始する方法を示しています。

AWS SDK for .NET
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

using Amazon.CloudFormation; using Amazon.CloudFormation.Model; using Amazon.Runtime; namespace CloudFormationActions; public static class HelloCloudFormation { public static IAmazonCloudFormation _amazonCloudFormation; static async Task Main(string[] args) { // Create the CloudFormation client _amazonCloudFormation = new AmazonCloudFormationClient(); Console.WriteLine($"\nIn Region: {_amazonCloudFormation.Config.RegionEndpoint}"); // List the resources for each stack await ListResources(); } /// <summary> /// Method to list stack resources and other information. /// </summary> /// <returns>True if successful.</returns> public static async Task<bool> ListResources() { try { Console.WriteLine("Getting CloudFormation stack information..."); // Get all stacks using the stack paginator. var paginatorForDescribeStacks = _amazonCloudFormation.Paginators.DescribeStacks( new DescribeStacksRequest()); await foreach (Stack stack in paginatorForDescribeStacks.Stacks) { // Basic information for each stack Console.WriteLine("\n------------------------------------------------"); Console.WriteLine($"\nStack: {stack.StackName}"); Console.WriteLine($" Status: {stack.StackStatus.Value}"); Console.WriteLine($" Created: {stack.CreationTime}"); // The tags of each stack (etc.) if (stack.Tags.Count > 0) { Console.WriteLine(" Tags:"); foreach (Tag tag in stack.Tags) Console.WriteLine($" {tag.Key}, {tag.Value}"); } // The resources of each stack DescribeStackResourcesResponse responseDescribeResources = await _amazonCloudFormation.DescribeStackResourcesAsync( new DescribeStackResourcesRequest { StackName = stack.StackName }); if (responseDescribeResources.StackResources.Count > 0) { Console.WriteLine(" Resources:"); foreach (StackResource resource in responseDescribeResources .StackResources) Console.WriteLine( $" {resource.LogicalResourceId}: {resource.ResourceStatus}"); } } Console.WriteLine("\n------------------------------------------------"); return true; } catch (AmazonCloudFormationException ex) { Console.WriteLine("Unable to get stack information:\n" + ex.Message); return false; } catch (AmazonServiceException ex) { if (ex.Message.Contains("Unable to get IAM security credentials")) { Console.WriteLine(ex.Message); Console.WriteLine("If you are usnig SSO, be sure to install" + " the AWSSDK.SSO and AWSSDK.SSOOIDC packages."); } else { Console.WriteLine(ex.Message); Console.WriteLine(ex.StackTrace); } return false; } catch (ArgumentNullException ex) { if (ex.Message.Contains("Options property cannot be empty: ClientName")) { Console.WriteLine(ex.Message); Console.WriteLine("If you are using SSO, have you logged in?"); } else { Console.WriteLine(ex.Message); Console.WriteLine(ex.StackTrace); } return false; } } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDescribeStackResources」の「」を参照してください。 AWS SDK for .NET

トピック