AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeTrustsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeTrustsで を使用する

以下のコード例は、DescribeTrusts の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

信頼関係の詳細を取得するには

次のdescribe-trusts例では、指定したディレクトリの信頼関係に関する詳細を表示します。

aws ds describe-trusts \ --directory-id d-a1b2c3d4e5

出力:

{ "Trusts": [ { "DirectoryId": "d-a1b2c3d4e5", "TrustId": "t-9a8b7c6d5e", "RemoteDomainName": "other.example.com", "TrustType": "Forest", "TrustDirection": "Two-Way", "TrustState": "Verified", "CreatedDateTime": "2017-06-20T18:08:45.614000-07:00", "LastUpdatedDateTime": "2019-06-04T10:52:12.410000-07:00", "StateLastUpdatedDateTime": "2019-06-04T10:52:12.410000-07:00", "SelectiveAuth": "Disabled" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeTrusts」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: このコマンドは、指定された directory-id に対して作成された信頼関係の情報を取得します。

Get-DSTrust -DirectoryId d-123456abcd

出力:

CreatedDateTime : 7/5/2019 4:55:42 AM DirectoryId : d-123456abcd LastUpdatedDateTime : 7/5/2019 4:56:04 AM RemoteDomainName : contoso.com SelectiveAuth : Disabled StateLastUpdatedDateTime : 7/5/2019 4:56:04 AM TrustDirection : One-Way: Incoming TrustId : t-9067157123 TrustState : Created TrustStateReason : TrustType : Forest
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeTrusts」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell