AWS SDK またはコマンドラインツールPutSnapshotBlockで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールPutSnapshotBlockで を使用する

次の例は、PutSnapshotBlock を使用する方法を説明しています。

Rust
SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn add_block( client: &Client, id: &str, idx: usize, block: Vec<u8>, checksum: &str, ) -> Result<(), Error> { client .put_snapshot_block() .snapshot_id(id) .block_index(idx as i32) .block_data(ByteStream::from(block)) .checksum(checksum) .checksum_algorithm(ChecksumAlgorithm::ChecksumAlgorithmSha256) .data_length(EBS_BLOCK_SIZE as i32) .send() .await?; Ok(()) }
  • API の詳細については、PutSnapshotBlockAWS 「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。