AWS SDK またはコマンドラインツールAcceptVpcPeeringConnectionで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールAcceptVpcPeeringConnectionで を使用する

以下のコード例は、AcceptVpcPeeringConnection の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

VPC ピアリング接続を受け入れるには

この例では、指定された VPC ピアリング接続リクエストを受け入れます。

コマンド:

aws ec2 accept-vpc-peering-connection --vpc-peering-connection-id pcx-1a2b3c4d

出力:

{ "VpcPeeringConnection": { "Status": { "Message": "Provisioning", "Code": "provisioning" }, "Tags": [], "AccepterVpcInfo": { "OwnerId": "444455556666", "VpcId": "vpc-44455566", "CidrBlock": "10.0.1.0/28" }, "VpcPeeringConnectionId": "pcx-1a2b3c4d", "RequesterVpcInfo": { "OwnerId": "444455556666", "VpcId": "vpc-111abc45", "CidrBlock": "10.0.0.0/28" } } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAcceptVpcPeeringConnection」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、リクエストされた VpcPeeringConnectionId pcx-1dfad234b56ff78be を承認します。

Approve-EC2VpcPeeringConnection -VpcPeeringConnectionId pcx-1dfad234b56ff78be

出力:

AccepterVpcInfo : Amazon.EC2.Model.VpcPeeringConnectionVpcInfo ExpirationTime : 1/1/0001 12:00:00 AM RequesterVpcInfo : Amazon.EC2.Model.VpcPeeringConnectionVpcInfo Status : Amazon.EC2.Model.VpcPeeringConnectionStateReason Tags : {} VpcPeeringConnectionId : pcx-1dfad234b56ff78be
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスAcceptVpcPeeringConnection」の「」を参照してください。