AWS SDK またはコマンドラインツールAssociateRouteTableで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールAssociateRouteTableで を使用する

以下のコード例は、AssociateRouteTable の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

ルートテーブルをサブネットに関連付けるには

この例では、指定されたルートテーブルを指定されたサブネットに関連付けます。

コマンド:

aws ec2 associate-route-table --route-table-id rtb-22574640 --subnet-id subnet-9d4a7b6c

出力:

{ "AssociationId": "rtbassoc-781d0d1a" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAssociateRouteTable」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたルートテーブルを指定されたサブネットに関連付けます。

Register-EC2RouteTable -RouteTableId rtb-1a2b3c4d -SubnetId subnet-1a2b3c4d

出力:

rtbassoc-12345678
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスAssociateRouteTable」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell