AWS SDK またはコマンドラインツールCreateFlowLogsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールCreateFlowLogsで を使用する

以下のコード例は、CreateFlowLogs の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

例 1: フローログを作成するには

次のcreate-flow-logs例では、指定したネットワークインターフェイスで拒否されたすべてのトラフィックをキャプチャするフローログを作成します。フローログは、指定された IAM ロールのアクセス許可を使用して Logs の CloudWatch ロググループに配信されます。

aws ec2 create-flow-logs \ --resource-type NetworkInterface \ --resource-ids eni-11223344556677889 \ --traffic-type REJECT \ --log-group-name my-flow-logs \ --deliver-logs-permission-arn arn:aws:iam::123456789101:role/publishFlowLogs

出力:

{ "ClientToken": "so0eNA2uSHUNlHI0S2cJ305GuIX1CezaRdGtexample", "FlowLogIds": [ "fl-12345678901234567" ], "Unsuccessful": [] }

詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドVPC フローログを参照してください。

例 2: カスタム形式でフローログを作成するには

次のcreate-flow-logs例では、指定した VPC のすべてのトラフィックをキャプチャするフローログを作成し、フローログを Amazon S3 バケットに配信します。--log-format パラメータにより、フローログレコードのカスタム形式が指定されます。Windows でこのコマンドを実行するには、一重引用符 (') を二重引用符 (") に変更します。

aws ec2 create-flow-logs \ --resource-type VPC \ --resource-ids vpc-00112233344556677 \ --traffic-type ALL \ --log-destination-type s3 \ --log-destination arn:aws:s3:::flow-log-bucket/my-custom-flow-logs/ \ --log-format '${version} ${vpc-id} ${subnet-id} ${instance-id} ${srcaddr} ${dstaddr} ${srcport} ${dstport} ${protocol} ${tcp-flags} ${type} ${pkt-srcaddr} ${pkt-dstaddr}'

詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドVPC フローログを参照してください。

例 3: 最大集約間隔が 1 分間のフローログを作成するには

次のcreate-flow-logs例では、指定した VPC のすべてのトラフィックをキャプチャするフローログを作成し、フローログを Amazon S3 バケットに配信します。--max-aggregation-interval パラメータは、最大集約間隔を 60 秒 (1 分) に指定します。

aws ec2 create-flow-logs \ --resource-type VPC \ --resource-ids vpc-00112233344556677 \ --traffic-type ALL \ --log-destination-type s3 \ --log-destination arn:aws:s3:::flow-log-bucket/my-custom-flow-logs/ \ --max-aggregation-interval 60

詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドVPC フローログを参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateFlowLogs」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、「Admin」ロールのアクセス許可を使用して、すべての「REJECT」トラフィックについて、サブネット subnet-1d234567 の EC2 フローログを名前 cloud-watch-log 付き「subnet1-log」に作成します。

New-EC2FlowLog -ResourceId "subnet-1d234567" -LogDestinationType cloud-watch-logs -LogGroupName subnet1-log -TrafficType "REJECT" -ResourceType Subnet -DeliverLogsPermissionArn "arn:aws:iam::98765432109:role/Admin"

出力:

ClientToken FlowLogIds Unsuccessful ----------- ---------- ------------ m1VN2cxP3iB4qo//VUKl5EU6cF7gQLOxcqNefvjeTGw= {fl-012fc34eed5678c9d} {}
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateFlowLogs」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell