AWS SDK またはコマンドラインツールCreateSpotDatafeedSubscriptionで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールCreateSpotDatafeedSubscriptionで を使用する

以下のコード例は、CreateSpotDatafeedSubscription の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

スポットインスタンスのデータフィードを作成するには

次のcreate-spot-datafeed-subscription例では、スポットインスタンスのデータフィードを作成します。

aws ec2 create-spot-datafeed-subscription \ --bucket my-bucket \ --prefix spot-data-feed

出力:

{ "SpotDatafeedSubscription": { "Bucket": "my-bucket", "OwnerId": "123456789012", "Prefix": "spot-data-feed", "State": "Active" } }

データフィードは、指定した Amazon S3 バケットに保存されます。このデータフィードのファイル名の形式は次のとおりです。

my-bucket.s3.amazonaws.com/spot-data-feed/123456789012.YYYY-MM-DD-HH.n.abcd1234.gz

詳細については、「Linux インスタンス用 Amazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド」の「スポットインスタンスデータフィード」を参照してください。

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、スポットインスタンスのデータフィードを作成します。

New-EC2SpotDatafeedSubscription -Bucket my-s3-bucket -Prefix spotdata

出力:

Bucket : my-s3-bucket Fault : OwnerId : 123456789012 Prefix : spotdata State : Active
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateSpotDatafeedSubscription」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell