AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeCapacityReservationsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeCapacityReservationsで を使用する

以下のコード例は、DescribeCapacityReservations の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

例 1: 1 つ以上のキャパシティ予約を記述するには

次のdescribe-capacity-reservations例では、現在の AWS リージョンのすべてのキャパシティ予約に関する詳細を表示します。

aws ec2 describe-capacity-reservations

出力:

{ "CapacityReservations": [ { "CapacityReservationId": "cr-1234abcd56EXAMPLE ", "EndDateType": "unlimited", "AvailabilityZone": "eu-west-1a", "InstanceMatchCriteria": "open", "Tags": [], "EphemeralStorage": false, "CreateDate": "2019-08-16T09:03:18.000Z", "AvailableInstanceCount": 1, "InstancePlatform": "Linux/UNIX", "TotalInstanceCount": 1, "State": "active", "Tenancy": "default", "EbsOptimized": true, "InstanceType": "a1.medium" }, { "CapacityReservationId": "cr-abcdEXAMPLE9876ef ", "EndDateType": "unlimited", "AvailabilityZone": "eu-west-1a", "InstanceMatchCriteria": "open", "Tags": [], "EphemeralStorage": false, "CreateDate": "2019-08-07T11:34:19.000Z", "AvailableInstanceCount": 3, "InstancePlatform": "Linux/UNIX", "TotalInstanceCount": 3, "State": "cancelled", "Tenancy": "default", "EbsOptimized": true, "InstanceType": "m5.large" } ] }

例 2: 1 つ以上のキャパシティ予約を記述するには

次のdescribe-capacity-reservations例では、指定されたキャパシティ予約の詳細を表示します。

aws ec2 describe-capacity-reservations \ --capacity-reservation-ids cr-1234abcd56EXAMPLE

出力:

{ "CapacityReservations": [ { "CapacityReservationId": "cr-1234abcd56EXAMPLE", "EndDateType": "unlimited", "AvailabilityZone": "eu-west-1a", "InstanceMatchCriteria": "open", "Tags": [], "EphemeralStorage": false, "CreateDate": "2019-08-16T09:03:18.000Z", "AvailableInstanceCount": 1, "InstancePlatform": "Linux/UNIX", "TotalInstanceCount": 1, "State": "active", "Tenancy": "default", "EbsOptimized": true, "InstanceType": "a1.medium" } ] }

詳細については、「Linux インスタンス用 Amazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド」の「キャパシティ予約の表示」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeCapacityReservations」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、リージョンの 1 つ以上のキャパシティ予約について説明します。

Get-EC2CapacityReservation -Region eu-west-1

出力:

AvailabilityZone : eu-west-1b AvailableInstanceCount : 2 CapacityReservationId : cr-0c1f2345db6f7cdba CreateDate : 3/28/2019 9:29:41 AM EbsOptimized : True EndDate : 1/1/0001 12:00:00 AM EndDateType : unlimited EphemeralStorage : False InstanceMatchCriteria : open InstancePlatform : Windows InstanceType : m4.xlarge State : active Tags : {} Tenancy : default TotalInstanceCount : 2
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeCapacityReservations」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell