AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeCustomerGatewaysで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeCustomerGatewaysで を使用する

以下のコード例は、DescribeCustomerGateways の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

カスタマーゲートウェイを記述するには

この例では、カスタマーゲートウェイについて説明します。

コマンド:

aws ec2 describe-customer-gateways

出力:

{ "CustomerGateways": [ { "CustomerGatewayId": "cgw-b4dc3961", "IpAddress": "203.0.113.12", "State": "available", "Type": "ipsec.1", "BgpAsn": "65000" }, { "CustomerGatewayId": "cgw-0e11f167", "IpAddress": "12.1.2.3", "State": "available", "Type": "ipsec.1", "BgpAsn": "65534" } ] }

特定のカスタマーゲートウェイを記述するには

この例では、指定されたカスタマーゲートウェイについて説明します。

コマンド:

aws ec2 describe-customer-gateways --customer-gateway-ids cgw-0e11f167

出力:

{ "CustomerGateways": [ { "CustomerGatewayId": "cgw-0e11f167", "IpAddress": "12.1.2.3", "State": "available", "Type": "ipsec.1", "BgpAsn": "65534" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeCustomerGateways」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたカスタマーゲートウェイについて説明します。

Get-EC2CustomerGateway -CustomerGatewayId cgw-1a2b3c4d

出力:

BgpAsn : 65534 CustomerGatewayId : cgw-1a2b3c4d IpAddress : 203.0.113.12 State : available Tags : {} Type : ipsec.1

例 2: この例では、状態が保留中または使用可能なカスタマーゲートウェイについて説明します。

$filter = New-Object Amazon.EC2.Model.Filter $filter.Name = "state" $filter.Values = @( "pending", "available" ) Get-EC2CustomerGateway -Filter $filter

例 3: この例では、すべてのカスタマーゲートウェイについて説明します。

Get-EC2CustomerGateway
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeCustomerGateways」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell