AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeSpotPriceHistoryで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeSpotPriceHistoryで を使用する

以下のコード例は、DescribeSpotPriceHistory の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

スポット料金履歴を記述するには

このコマンド例は、1 月の特定の日の m1.xlarge インスタンスのスポット料金履歴を返します。

コマンド:

aws ec2 describe-spot-price-history --instance-types m1.xlarge --start-time 2014-01-06T07:08:09 --end-time 2014-01-06T08:09:10

出力:

{ "SpotPriceHistory": [ { "Timestamp": "2014-01-06T07:10:55.000Z", "ProductDescription": "SUSE Linux", "InstanceType": "m1.xlarge", "SpotPrice": "0.087000", "AvailabilityZone": "us-west-1b" }, { "Timestamp": "2014-01-06T07:10:55.000Z", "ProductDescription": "SUSE Linux", "InstanceType": "m1.xlarge", "SpotPrice": "0.087000", "AvailabilityZone": "us-west-1c" }, { "Timestamp": "2014-01-06T05:42:36.000Z", "ProductDescription": "SUSE Linux (Amazon VPC)", "InstanceType": "m1.xlarge", "SpotPrice": "0.087000", "AvailabilityZone": "us-west-1a" }, ... }

Linux/UNIX Amazon VPC のスポット料金履歴を記述するには

このコマンド例は、1 月の特定の日における m1.xlarge、Linux/UNIX Amazon VPC インスタンスのスポット料金履歴を返します。

コマンド:

aws ec2 describe-spot-price-history --instance-types m1.xlarge --product-description "Linux/UNIX (Amazon VPC)" --start-time 2014-01-06T07:08:09 --end-time 2014-01-06T08:09:10

出力:

{ "SpotPriceHistory": [ { "Timestamp": "2014-01-06T04:32:53.000Z", "ProductDescription": "Linux/UNIX (Amazon VPC)", "InstanceType": "m1.xlarge", "SpotPrice": "0.080000", "AvailabilityZone": "us-west-1a" }, { "Timestamp": "2014-01-05T11:28:26.000Z", "ProductDescription": "Linux/UNIX (Amazon VPC)", "InstanceType": "m1.xlarge", "SpotPrice": "0.080000", "AvailabilityZone": "us-west-1c" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeSpotPriceHistory」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したインスタンスタイプとアベイラビリティーゾーンのスポット料金履歴の最後の 10 個のエントリを取得します。-AvailabilityZone parameter に指定された値は、コマンドレットの -Region パラメータ (例に示されていない) に指定されたリージョン値に対して有効であるか、シェルでデフォルトとして設定されている必要があることに注意してください。このコマンド例では、 環境で「us-west-2」というデフォルトリージョンが設定されていることを前提としています。

Get-EC2SpotPriceHistory -InstanceType c3.large -AvailabilityZone us-west-2a -MaxResult 10

出力:

AvailabilityZone : us-west-2a InstanceType : c3.large Price : 0.017300 ProductDescription : Linux/UNIX (Amazon VPC) Timestamp : 12/25/2015 7:39:49 AM AvailabilityZone : us-west-2a InstanceType : c3.large Price : 0.017200 ProductDescription : Linux/UNIX (Amazon VPC) Timestamp : 12/25/2015 7:38:29 AM AvailabilityZone : us-west-2a InstanceType : c3.large Price : 0.017300 ProductDescription : Linux/UNIX (Amazon VPC) Timestamp : 12/25/2015 6:57:13 AM ...
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeSpotPriceHistory」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell