AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeVolumeAttributeで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeVolumeAttributeで を使用する

以下のコード例は、DescribeVolumeAttribute の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

ボリューム属性を記述するには

このコマンド例では、 ID を持つボリュームの autoEnableIo 属性について説明しますvol-049df61146c4d7901

コマンド:

aws ec2 describe-volume-attribute --volume-id vol-049df61146c4d7901 --attribute autoEnableIO

出力:

{ "AutoEnableIO": { "Value": false }, "VolumeId": "vol-049df61146c4d7901" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeVolumeAttribute」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたボリュームの指定された属性について説明します。

Get-EC2VolumeAttribute -VolumeId vol-12345678 -Attribute AutoEnableIO

出力:

AutoEnableIO ProductCodes VolumeId ------------ ------------ -------- False {} vol-12345678
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeVolumeAttribute」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell