AWS SDK またはコマンドラインツールGetPasswordDataで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールGetPasswordDataで を使用する

以下のコード例は、GetPasswordData の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

暗号化されたパスワードを取得するには

この例では、暗号化されたパスワードを取得します。

コマンド:

aws ec2 get-password-data --instance-id i-1234567890abcdef0

出力:

{ "InstanceId": "i-1234567890abcdef0", "Timestamp": "2013-08-07T22:18:38.000Z", "PasswordData": "gSlJFq+VpcZXqy+iktxMF6NyxQ4qCrT4+gaOuNOenX1MmgXPTj7XEXAMPLE UQ+YeFfb+L1U4C4AKv652Ux1iRB3CPTYP7WmU3TUnhsuBd+p6LVk7T2lKUml6OXbk6WPW1VYYm/TRPB1 e1DQ7PY4an/DgZT4mwcpRFigzhniQgDDeO1InvSDcwoUTwNs0Y1S8ouri2W4n5GNlriM3Q0AnNVelVz/ 53TkDtxbNoU606M1gK9zUWSxqEgwvbV2j8c5rP0WCuaMWSFl4ziDu4bd7q+4RSyi8NUsVWnKZ4aEZffu DPGzKrF5yLlf3etP2L4ZR6CvG7K1hx7VKOQVN32Dajw==" }

復号化されたパスワードを取得するには

この例では、復号化されたパスワードを取得します。

コマンド:

aws ec2 get-password-data --instance-id i-1234567890abcdef0 --priv-launch-key C:\Keys\MyKeyPair.pem

出力:

{ "InstanceId": "i-1234567890abcdef0", "Timestamp": "2013-08-30T23:18:05.000Z", "PasswordData": "&ViJ652e*u" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetPasswordData」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定した Windows インスタンスの管理者アカウントに Amazon EC2 が割り当てたパスワードを復号化します。pem ファイルが指定されていると、-Decrypt スイッチの設定が自動的に引き継がれます。

Get-EC2PasswordData -InstanceId i-12345678 -PemFile C:\path\my-key-pair.pem

出力:

mYZ(PA9?C)Q

例 2: (Windows PowerShell のみ) インスタンスを検査して、インスタンスの起動に使用されるキーペアの名前を判断し、 AWS Toolkit for Visual Studio の設定ストアで対応するキーペアデータを見つけようとします。キーペアデータが見つかった場合、パスワードは復号されます。

Get-EC2PasswordData -InstanceId i-12345678 -Decrypt

出力:

mYZ(PA9?C)Q

例 3: インスタンスの暗号化されたパスワードデータを返します。

Get-EC2PasswordData -InstanceId i-12345678

出力:

iVz3BAK/WAXV.....dqt8WeMA==
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetPasswordData」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell