AWS SDK またはコマンドラインツールModifyCapacityReservationで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールModifyCapacityReservationで を使用する

以下のコード例は、ModifyCapacityReservation の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

例 1: 既存のキャパシティ予約で予約されているインスタンスの数を変更するには

次のmodify-capacity-reservation例では、キャパシティ予約がキャパシティを予約するインスタンスの数を変更します。

aws ec2 modify-capacity-reservation \ --capacity-reservation-id cr-1234abcd56EXAMPLE \ --instance-count 5

出力:

{ "Return": true }

例 2: 既存のキャパシティ予約の終了日時を変更するには

次のmodify-capacity-reservation例では、既存のキャパシティ予約を指定の日時で終了するように変更します。

aws ec2 modify-capacity-reservation \ --capacity-reservation-id cr-1234abcd56EXAMPLE \ --end-date-type limited \ --end-date 2019-08-31T23:59:59Z

詳細については、Linux インスタンス用 Amazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイドの「キャパシティーの予約の変更」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスModifyCapacityReservation」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、インスタント数を 1 に変更して CapacityReservationId cr-0c1f2345db6f7cdba を変更します。

Edit-EC2CapacityReservation -CapacityReservationId cr-0c1f2345db6f7cdba -InstanceCount 1

出力:

True
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスModifyCapacityReservation」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell