AWS SDK またはコマンドラインツールRunScheduledInstancesで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールRunScheduledInstancesで を使用する

以下のコード例は、RunScheduledInstances の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

スケジュールされたインスタンスを起動するには

この例では、指定されたスケジュールされたインスタンスを VPC で起動します。

コマンド:

aws ec2 run-scheduled-instances --scheduled-instance-id sci-1234-1234-1234-1234-123456789012 --instance-count 1 --launch-specification file://launch-specification.json

Launch-specification.json:

{ "ImageId": "ami-12345678", "KeyName": "my-key-pair", "InstanceType": "c4.large", "NetworkInterfaces": [ { "DeviceIndex": 0, "SubnetId": "subnet-12345678", "AssociatePublicIpAddress": true, "Groups": ["sg-12345678"] } ], "IamInstanceProfile": { "Name": "my-iam-role" } }

出力:

{ "InstanceIdSet": [ "i-1234567890abcdef0" ] }

この例では、EC2-Classic で指定されたスケジュールされたインスタンスを起動します。

コマンド:

aws ec2 run-scheduled-instances --scheduled-instance-id sci-1234-1234-1234-1234-123456789012 --instance-count 1 --launch-specification file://launch-specification.json

Launch-specification.json:

{ "ImageId": "ami-12345678", "KeyName": "my-key-pair", "SecurityGroupIds": ["sg-12345678"], "InstanceType": "c4.large", "Placement": { "AvailabilityZone": "us-west-2b" } "IamInstanceProfile": { "Name": "my-iam-role" } }

出力:

{ "InstanceIdSet": [ "i-1234567890abcdef0" ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスRunScheduledInstances」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたスケジュールされたインスタンスを起動します。

New-EC2ScheduledInstance -ScheduledInstanceId sci-1234-1234-1234-1234-123456789012 -InstanceCount 1 ` -IamInstanceProfile_Name my-iam-role ` -LaunchSpecification_ImageId ami-12345678 ` -LaunchSpecification_InstanceType c4.large ` -LaunchSpecification_SubnetId subnet-12345678` -LaunchSpecification_SecurityGroupId sg-12345678
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスRunScheduledInstances」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell