AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeClustersで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeClustersで を使用する

以下のコード例は、DescribeClusters の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

例 1: クラスターを記述するには

次の describe-clusters の例は、指定されたクラスターの詳細情報を取得します。

aws ecs describe-clusters \ --cluster default

出力:

{ "clusters": [ { "status": "ACTIVE", "clusterName": "default", "registeredContainerInstancesCount": 0, "pendingTasksCount": 0, "runningTasksCount": 0, "activeServicesCount": 1, "clusterArn": "arn:aws:ecs:us-west-2:123456789012:cluster/default" } ], "failures": [] }

詳細については、「Amazon ECS ディベロッパーガイド」の「Amazon ECS Clusters」を参照してください。

例 2: 添付ファイルオプションを使用してクラスターを記述するには

次の describe-clusters の例は、添付ファイルオプションを指定します。指定されたクラスターの詳細情報と、クラスターにアタッチされているリソースのリストを添付ファイルの形式で取得します。クラスターでキャパシティープロバイダーを使用する場合、 AutoScaling プランまたはスケーリングポリシーのいずれかのリソースは、asp または as_policy ATTACHMENTS として表されます。

aws ecs describe-clusters \ --include ATTACHMENTS \ --clusters sampleCluster

出力:

{ "clusters": [ { "clusterArn": "arn:aws:ecs:af-south-1:123456789222:cluster/sampleCluster", "clusterName": "sampleCluster", "status": "ACTIVE", "registeredContainerInstancesCount": 0, "runningTasksCount": 0, "pendingTasksCount": 0, "activeServicesCount": 0, "statistics": [], "tags": [], "settings": [], "capacityProviders": [ "sampleCapacityProvider" ], "defaultCapacityProviderStrategy": [], "attachments": [ { "id": "a1b2c3d4-5678-901b-cdef-EXAMPLE22222", "type": "as_policy", "status": "CREATED", "details": [ { "name": "capacityProviderName", "value": "sampleCapacityProvider" }, { "name": "scalingPolicyName", "value": "ECSManagedAutoScalingPolicy-3048e262-fe39-4eaf-826d-6f975d303188" } ] } ], "attachmentsStatus": "UPDATE_COMPLETE" } ], "failures": [] }

詳細については、「Amazon ECS ディベロッパーガイド」の「Amazon ECS Clusters」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeClusters」の「」を参照してください。 AWS CLI

Java
SDK for Java 2.x
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

import software.amazon.awssdk.regions.Region; import software.amazon.awssdk.services.ecs.EcsClient; import software.amazon.awssdk.services.ecs.model.DescribeClustersRequest; import software.amazon.awssdk.services.ecs.model.DescribeClustersResponse; import software.amazon.awssdk.services.ecs.model.Cluster; import software.amazon.awssdk.services.ecs.model.EcsException; import java.util.List; /** * Before running this Java V2 code example, set up your development * environment, including your credentials. * * For more information, see the following documentation topic: * * https://docs.aws.amazon.com/sdk-for-java/latest/developer-guide/get-started.html */ public class DescribeClusters { public static void main(String[] args) { final String usage = """ Usage: <clusterArn> \s Where: clusterArn - The ARN of the ECS cluster to describe. """; if (args.length != 1) { System.out.println(usage); System.exit(1); } String clusterArn = args[0]; Region region = Region.US_EAST_1; EcsClient ecsClient = EcsClient.builder() .region(region) .build(); descCluster(ecsClient, clusterArn); } public static void descCluster(EcsClient ecsClient, String clusterArn) { try { DescribeClustersRequest clustersRequest = DescribeClustersRequest.builder() .clusters(clusterArn) .build(); DescribeClustersResponse response = ecsClient.describeClusters(clustersRequest); List<Cluster> clusters = response.clusters(); for (Cluster cluster : clusters) { System.out.println("The cluster name is " + cluster.clusterName()); } } catch (EcsException e) { System.err.println(e.awsErrorDetails().errorMessage()); System.exit(1); } } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDescribeClusters」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: このコマンドレットでは、1 つ以上の ECS クラスターについて説明します。

Get-ECSClusterDetail -Cluster "LAB-ECS-CL" -Include SETTINGS | Select-Object *

出力:

LoggedAt : 12/27/2019 9:27:41 PM Clusters : {LAB-ECS-CL} Failures : {} ResponseMetadata : Amazon.Runtime.ResponseMetadata ContentLength : 396 HttpStatusCode : OK
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeClusters」の「」を参照してください。

Rust
SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn show_clusters(client: &aws_sdk_ecs::Client) -> Result<(), aws_sdk_ecs::Error> { let resp = client.list_clusters().send().await?; let cluster_arns = resp.cluster_arns(); println!("Found {} clusters:", cluster_arns.len()); let clusters = client .describe_clusters() .set_clusters(Some(cluster_arns.into())) .send() .await?; for cluster in clusters.clusters() { println!(" ARN: {}", cluster.cluster_arn().unwrap()); println!(" Name: {}", cluster.cluster_name().unwrap()); } Ok(()) }
  • API の詳細については、DescribeClustersAWS 「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。