AWS SDK またはコマンドラインツールUpdateClusterSettingsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールUpdateClusterSettingsで を使用する

以下のコード例は、UpdateClusterSettings の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

クラスターの設定を変更するには

次のupdate-cluster-settings例では、 defaultクラスターの CloudWatch Container Insights を有効にします。

aws ecs update-cluster-settings \ --cluster default \ --settings name=containerInsights,value=enabled

出力:

{ "cluster": { "clusterArn": "arn:aws:ecs:us-west-2:123456789012:cluster/MyCluster", "clusterName": "default", "status": "ACTIVE", "registeredContainerInstancesCount": 0, "runningTasksCount": 0, "pendingTasksCount": 0, "activeServicesCount": 0, "statistics": [], "tags": [], "settings": [ { "name": "containerInsights", "value": "enabled" } ] } }

詳細については、「Amazon ECS デベロッパーガイド」の「アカウント設定の変更」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateClusterSettings」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: このコマンドレットは、ECS クラスターに使用する設定を変更します。

Update-ECSClusterSetting -Cluster "LAB-ECS-CL" -Setting @{Name="containerInsights"; Value="disabled"}

出力:

ActiveServicesCount : 0 Attachments : {} AttachmentsStatus : CapacityProviders : {} ClusterArn : arn:aws:ecs:us-west-2:012345678912:cluster/LAB-ECS-CL ClusterName : LAB-ECS-CL DefaultCapacityProviderStrategy : {} PendingTasksCount : 0 RegisteredContainerInstancesCount : 0 RunningTasksCount : 0 Settings : {containerInsights} Statistics : {} Status : ACTIVE Tags : {}
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスUpdateClusterSettings」の「」を参照してください。