AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeMountTargetsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeMountTargetsで を使用する

以下のコード例は、DescribeMountTargets の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

マウントターゲットを記述するには

次のdescribe-mount-targets例では、指定されたマウントターゲットについて説明します。

aws efs describe-mount-targets \ --mount-target-id fsmt-f9a14450

出力:

{ "MountTargets": [ { "OwnerId": "123456789012", "MountTargetId": "fsmt-f9a14450", "FileSystemId": "fs-c7a0456e", "SubnetId": "subnet-02bf4c428bexample", "LifeCycleState": "creating", "IpAddress": "10.0.1.24", "NetworkInterfaceId": "eni-02d542216aexample", "AvailabilityZoneId": "use2-az2", "AvailabilityZoneName": "us-east-2b", "VpcId": "vpc-0123456789abcdef0" } ] }

詳細については、「Amazon Elastic File System ユーザーガイド」の「マウントターゲットの作成」を参照してください。 Amazon Elastic File System

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeMountTargets」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: 指定されたファイルシステムに関連付けられたマウントターゲットのコレクションを返します。

Get-EFSMountTarget -FileSystemId fs-1a2b3c4d

出力:

FileSystemId : fs-1a2b3c4d IpAddress : 10.0.0.131 LifeCycleState : available MountTargetId : fsmt-1a2b3c4d NetworkInterfaceId : eni-1a2b3c4d OwnerId : 123456789012 SubnetId : subnet-1a2b3c4d
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeMountTargets」の「」を参照してください。