AWS SDK またはコマンドラインツールUpdateClusterConfigで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールUpdateClusterConfigで を使用する

以下のコード例は、UpdateClusterConfig の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

クラスターエンドポイントのアクセスを更新するには

このコマンド例では、クラスターを更新してエンドポイントのパブリックアクセスを無効にし、プライベートエンドポイントアクセスを有効にします。

コマンド:

aws eks update-cluster-config --name example \ --resources-vpc-config endpointPublicAccess=false,endpointPrivateAccess=true

出力:

{ "update": { "id": "ec883c93-2e9e-407c-a22f-8f6fa6e67d4f", "status": "InProgress", "type": "EndpointAccessUpdate", "params": [ { "type": "EndpointPublicAccess", "value": "false" }, { "type": "EndpointPrivateAccess", "value": "true" } ], "createdAt": 1565806986.506, "errors": [] } }

クラスターのログ記録を有効にするには

このコマンド例では、 という名前のクラスターのすべてのクラスターコントロールプレーンログ記録タイプを有効にしますexample

コマンド:

aws eks update-cluster-config --name example \ --logging '{"clusterLogging":[{"types":["api","audit","authenticator","controllerManager","scheduler"],"enabled":true}]}'

出力:

{ "update": { "id": "7551c64b-1d27-4b1e-9f8e-c45f056eb6fd", "status": "InProgress", "type": "LoggingUpdate", "params": [ { "type": "ClusterLogging", "value": "{\"clusterLogging\":[{\"types\":[\"api\",\"audit\",\"authenticator\",\"controllerManager\",\"scheduler\"],\"enabled\":true}]}" } ], "createdAt": 1565807210.37, "errors": [] } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateClusterConfig」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: Amazon EKS クラスター設定を更新します。クラスターは更新中も引き続き機能します。

Update-EKSClusterConfig -Name "PROD" -Logging_ClusterLogging @{Types="api","audit","authenticator","controllerManager","scheduler",Enabled="True"}

出力:

CreatedAt : 12/25/2019 5:03:07 PM Errors : {} Id : ee708232-7d2e-4ed7-9270-d0b5176f0726 Params : {Amazon.EKS.Model.UpdateParam} Status : InProgress Type : LoggingUpdate
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスUpdateClusterConfig」の「」を参照してください。