AWS SDK またはコマンドラインツールModifyTargetGroupAttributesで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールModifyTargetGroupAttributesで を使用する

以下のコード例は、ModifyTargetGroupAttributes の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

登録解除の遅延タイムアウトを変更するには

この例では、登録解除遅延タイムアウトを、指定されたターゲットグループの指定された値に設定します。

コマンド:

aws elbv2 modify-target-group-attributes --target-group-arn arn:aws:elasticloadbalancing:us-west-2:123456789012:targetgroup/my-targets/73e2d6bc24d8a067 --attributes Key=deregistration_delay.timeout_seconds,Value=600

出力:

{ "Attributes": [ { "Value": "false", "Key": "stickiness.enabled" }, { "Value": "600", "Key": "deregistration_delay.timeout_seconds" }, { "Value": "lb_cookie", "Key": "stickiness.type" }, { "Value": "86400", "Key": "stickiness.lb_cookie.duration_seconds" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスModifyTargetGroupAttributes」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたターゲットグループの deregistration_delay 属性を変更します。

Edit-ELB2TargetGroupAttribute -TargetGroupArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:targetgroup/test-tg/a4e04b3688be1970' -Attribute @{Key = 'deregistration_delay.timeout_seconds'; Value = 600}

出力:

Key Value --- ----- stickiness.enabled false deregistration_delay.timeout_seconds 600 stickiness.type lb_cookie stickiness.lb_cookie.duration_seconds 86400 slow_start.duration_seconds 0 load_balancing.algorithm.type round_robin
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスModifyTargetGroupAttributes」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell