AWS SDK またはコマンドラインツールSetSubnetsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールSetSubnetsで を使用する

以下のコード例は、SetSubnets の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

ロードバランサーのアベイラビリティーゾーンを有効にするには

この例では、指定されたロードバランサーの指定されたサブネットのアベイラビリティーゾーンを有効にします。

コマンド:

aws elbv2 set-subnets --load-balancer-arn arn:aws:elasticloadbalancing:us-west-2:123456789012:loadbalancer/app/my-load-balancer/50dc6c495c0c9188 --subnets subnet-8360a9e7 subnet-b7d581c0

出力:

{ "AvailabilityZones": [ { "SubnetId": "subnet-8360a9e7", "ZoneName": "us-west-2a" }, { "SubnetId": "subnet-b7d581c0", "ZoneName": "us-west-2b" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスSetSubnets」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたロードバランサーのサブネットを変更します。

Set-ELB2Subnet -LoadBalancerArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/test-alb/3651b4394dd9a24f' -Subnet 'subnet-7d8a0a51','subnet-c37a67a6'

出力:

LoadBalancerAddresses SubnetId ZoneName --------------------- -------- -------- {} subnet-7d8a0a51 us-east-1c {} subnet-c37a67a6 us-east-1b
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスSetSubnets」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell