AWS SDK またはコマンドラインツールCreateLoadBalancerで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールCreateLoadBalancerで を使用する

以下のコード例は、CreateLoadBalancer の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

HTTP ロードバランサーを作成するには

この例では、VPC 内に HTTP リスナーを持つロードバランサーを作成します。

コマンド:

aws elb create-load-balancer --load-balancer-name my-load-balancer --listeners "Protocol=HTTP,LoadBalancerPort=80,InstanceProtocol=HTTP,InstancePort=80" --subnets subnet-15aaab61 --security-groups sg-a61988c3

出力:

{ "DNSName": "my-load-balancer-1234567890.us-west-2.elb.amazonaws.com" }

この例では、EC2-Classic で HTTP リスナーを持つロードバランサーを作成します。

コマンド:

aws elb create-load-balancer --load-balancer-name my-load-balancer --listeners "Protocol=HTTP,LoadBalancerPort=80,InstanceProtocol=HTTP,InstancePort=80" --availability-zones us-west-2a us-west-2b

出力:

{ "DNSName": "my-load-balancer-123456789.us-west-2.elb.amazonaws.com" }

HTTPS ロードバランサーを作成するには

この例では、VPC に HTTPS リスナーを持つロードバランサーを作成します。

コマンド:

aws elb create-load-balancer --load-balancer-name my-load-balancer --listeners "Protocol=HTTP,LoadBalancerPort=80,InstanceProtocol=HTTP,InstancePort=80" "Protocol=HTTPS,LoadBalancerPort=443,InstanceProtocol=HTTP,InstancePort=80,SSLCertificateId=arn:aws:iam::123456789012:server-certificate/my-server-cert" --subnets subnet-15aaab61 --security-groups sg-a61988c3

出力:

{ "DNSName": "my-load-balancer-1234567890.us-west-2.elb.amazonaws.com" }

この例では、EC2-Classic に HTTPS リスナーを持つロードバランサーを作成します。

コマンド:

aws elb create-load-balancer --load-balancer-name my-load-balancer --listeners "Protocol=HTTP,LoadBalancerPort=80,InstanceProtocol=HTTP,InstancePort=80" "Protocol=HTTPS,LoadBalancerPort=443,InstanceProtocol=HTTP,InstancePort=80,SSLCertificateId=arn:aws:iam::123456789012:server-certificate/my-server-cert" --availability-zones us-west-2a us-west-2b

出力:

{ "DNSName": "my-load-balancer-123456789.us-west-2.elb.amazonaws.com" }

内部ロードバランサーを作成するには

この例では、VPC 内に HTTP リスナーを持つ内部ロードバランサーを作成します。

コマンド:

aws elb create-load-balancer --load-balancer-name my-load-balancer --listeners "Protocol=HTTP,LoadBalancerPort=80,InstanceProtocol=HTTP,InstancePort=80" --scheme internal --subnets subnet-a85db0df --security-groups sg-a61988c3

出力:

{ "DNSName": "internal-my-load-balancer-123456789.us-west-2.elb.amazonaws.com" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateLoadBalancer」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、VPC 内に HTTP リスナーを持つロードバランサーを作成します。

$httpListener = New-Object Amazon.ElasticLoadBalancing.Model.Listener $httpListener.Protocol = "http" $httpListener.LoadBalancerPort = 80 $httpListener.InstanceProtocol = "http" $httpListener.InstancePort = 80 New-ELBLoadBalancer -LoadBalancerName my-vpc-load-balancer -SecurityGroup sg-a61988c3 -Subnet subnet-15aaab61 -Listener $httpListener my-vpc-load-balancer-1234567890.us-west-2.elb.amazonaws.com

例 2: この例では、EC2-Classic に HTTP リスナーを持つロードバランサーを作成します。

New-ELBLoadBalancer -LoadBalancerName my-classic-load-balancer -AvailabilityZone us-west-2a` -Listener $httpListener

出力:

my-classic-load-balancer-123456789.us-west-2.elb.amazonaws.com

例 3: この例では、HTTPS リスナーを使用してロードバランサーを作成します。

$httpsListener = New-Object Amazon.ElasticLoadBalancing.Model.Listener $httpsListener.Protocol = "https" $httpsListener.LoadBalancerPort = 443 $httpsListener.InstanceProtocol = "http" $httpsListener.InstancePort = 80 $httpsListener.SSLCertificateId="arn:aws:iam::123456789012:server-certificate/my-server-cert" New-ELBLoadBalancer -LoadBalancerName my-load-balancer -AvailabilityZone us-west-2a -Listener $httpsListener my-load-balancer-123456789.us-west-2.elb.amazonaws.com
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateLoadBalancer」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell