AWS SDK またはコマンドラインツールEnableAvailabilityZonesForLoadBalancerで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールEnableAvailabilityZonesForLoadBalancerで を使用する

以下のコード例は、EnableAvailabilityZonesForLoadBalancer の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

ロードバランサーのアベイラビリティーゾーンを有効にするには

この例では、指定されたアベイラビリティーゾーンを指定されたロードバランサーに追加します。

コマンド:

aws elb enable-availability-zones-for-load-balancer --load-balancer-name my-load-balancer --availability-zones us-west-2b

出力:

{ "AvailabilityZones": [ "us-west-2a", "us-west-2b" ] }
PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたアベイラビリティーゾーンを指定されたロードバランサーに追加します。出力には、アベイラビリティーゾーンの完全なリストが含まれます。

Enable-ELBAvailabilityZoneForLoadBalancer -LoadBalancerName my-load-balancer -AvailabilityZone us-west-2a

出力:

us-west-2a us-west-2b