AWS SDK またはコマンドラインツールModifyLoadBalancerAttributesで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールModifyLoadBalancerAttributesで を使用する

以下のコード例は、ModifyLoadBalancerAttributes の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

ロードバランサーの属性を変更するには

この例では、指定されたロードバランサーの CrossZoneLoadBalancing 属性を変更します。

コマンド:

aws elb modify-load-balancer-attributes --load-balancer-name my-load-balancer --load-balancer-attributes "{\"CrossZoneLoadBalancing\":{\"Enabled\":true}}"

出力:

{ "LoadBalancerAttributes": { "CrossZoneLoadBalancing": { "Enabled": true } }, "LoadBalancerName": "my-load-balancer" }

この例では、指定されたロードバランサーの ConnectionDraining 属性を変更します。

コマンド:

aws elb modify-load-balancer-attributes --load-balancer-name my-load-balancer --load-balancer-attributes "{\"ConnectionDraining\":{\"Enabled\":true,\"Timeout\":300}}"

出力:

{ "LoadBalancerAttributes": { "ConnectionDraining": { "Enabled": true, "Timeout": 300 } }, "LoadBalancerName": "my-load-balancer" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスModifyLoadBalancerAttributes」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたロードバランサーのクロスゾーン負荷分散を有効にします。

Edit-ELBLoadBalancerAttribute -LoadBalancerName my-load-balancer -CrossZoneLoadBalancing_Enabled $true

例 2: この例では、指定されたロードバランサーの Connection Draining を無効にします。

Edit-ELBLoadBalancerAttribute -LoadBalancerName my-load-balancer -ConnectionDraining_Enabled $false

例 3: この例では、指定されたロードバランサーのアクセスログ記録を有効にします。

Edit-ELBLoadBalancerAttribute -LoadBalancerName my-load-balancer ` >> -AccessLog_Enabled $true ` >> -AccessLog_S3BucketName my-logs-bucket ` >> -AccessLog_S3BucketPrefix my-app/prod ` >> -AccessLog_EmitInterval 60
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスModifyLoadBalancerAttributes」の「」を参照してください。