AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeStepで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeStepで を使用する

以下のコード例は、DescribeStep の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

次のコマンドは、クラスター ID j-3SD91U2E1L2QX を持つクラスターでステップ ID s-3LZC0QUT43AM を持つステップを記述します。

aws emr describe-step --cluster-id j-3SD91U2E1L2QX --step-id s-3LZC0QUT43AM

出力:

{ "Step": { "Status": { "Timeline": { "EndDateTime": 1433200470.481, "CreationDateTime": 1433199926.597, "StartDateTime": 1433200404.959 }, "State": "COMPLETED", "StateChangeReason": {} }, "Config": { "Args": [ "s3://us-west-2.elasticmapreduce/libs/hive/hive-script", "--base-path", "s3://us-west-2.elasticmapreduce/libs/hive/", "--install-hive", "--hive-versions", "0.13.1" ], "Jar": "s3://us-west-2.elasticmapreduce/libs/script-runner/script-runner.jar", "Properties": {} }, "Id": "s-3LZC0QUT43AM", "ActionOnFailure": "TERMINATE_CLUSTER", "Name": "Setup hive" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeStep」の「」を参照してください。 AWS CLI

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

def describe_step(cluster_id, step_id, emr_client): """ Gets detailed information about the specified step, including the current state of the step. :param cluster_id: The ID of the cluster. :param step_id: The ID of the step. :param emr_client: The Boto3 EMR client object. :return: The retrieved information about the specified step. """ try: response = emr_client.describe_step(ClusterId=cluster_id, StepId=step_id) step = response["Step"] logger.info("Got data for step %s.", step_id) except ClientError: logger.exception("Couldn't get data for step %s.", step_id) raise else: return step
  • API の詳細については、DescribeStepAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。