AWS SDK または CLI RemoveTargetsで を使用する - AWS SDK コードの例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK または CLI RemoveTargetsで を使用する

以下のコード例は、RemoveTargets の使用方法を示しています。

.NET
AWS SDK for .NET
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

ルール名を使用してルールのすべてのターゲットを削除します。

/// <summary> /// Delete an event rule by name. /// </summary> /// <param name="ruleName">The name of the event rule.</param> /// <returns>True if successful.</returns> public async Task<bool> RemoveAllTargetsFromRule(string ruleName) { var targetIds = new List<string>(); var request = new ListTargetsByRuleRequest() { Rule = ruleName }; ListTargetsByRuleResponse targetsResponse; do { targetsResponse = await _amazonEventBridge.ListTargetsByRuleAsync(request); targetIds.AddRange(targetsResponse.Targets.Select(t => t.Id)); request.NextToken = targetsResponse.NextToken; } while (targetsResponse.NextToken is not null); var removeResponse = await _amazonEventBridge.RemoveTargetsAsync( new RemoveTargetsRequest() { Rule = ruleName, Ids = targetIds }); if (removeResponse.FailedEntryCount > 0) { removeResponse.FailedEntries.ForEach(e => { _logger.LogError( $"Failed to remove target {e.TargetId}: {e.ErrorMessage}, code {e.ErrorCode}"); }); } return removeResponse.HttpStatusCode == HttpStatusCode.OK; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスRemoveTargets」の「」を参照してください。 AWS SDK for .NET

CLI
AWS CLI

イベントのターゲットを削除するには

この例では、 MyStream1 という名前の Amazon Kinesis ストリームをルール のターゲットから削除します DailyLambdaFunction。 DailyLambdaFunction が作成されると、このストリームはターゲット 1 の Target1として設定されました。

aws events remove-targets --rule "DailyLambdaFunction" --ids "Target1"
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスRemoveTargets」の「」を参照してください。 AWS CLI

Java
SDK for Java 2.x
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

ルール名を使用してルールのすべてのターゲットを削除します。

public static void deleteTargetsFromRule(EventBridgeClient eventBrClient, String eventRuleName) { // First, get all targets that will be deleted. ListTargetsByRuleRequest request = ListTargetsByRuleRequest.builder() .rule(eventRuleName) .build(); ListTargetsByRuleResponse response = eventBrClient.listTargetsByRule(request); List<Target> allTargets = response.targets(); // Get all targets and delete them. for (Target myTarget : allTargets) { RemoveTargetsRequest removeTargetsRequest = RemoveTargetsRequest.builder() .rule(eventRuleName) .ids(myTarget.id()) .build(); eventBrClient.removeTargets(removeTargetsRequest); System.out.println("Successfully removed the target"); } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスRemoveTargets」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x

Kotlin
SDK for Kotlin
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun deleteTargetsFromRule(eventRuleName: String?) { // First, get all targets that will be deleted. val request = ListTargetsByRuleRequest { rule = eventRuleName } EventBridgeClient { region = "us-east-1" }.use { eventBrClient -> val response = eventBrClient.listTargetsByRule(request) val allTargets = response.targets // Get all targets and delete them. if (allTargets != null) { for (myTarget in allTargets) { val removeTargetsRequest = RemoveTargetsRequest { rule = eventRuleName ids = listOf(myTarget.id.toString()) } eventBrClient.removeTargets(removeTargetsRequest) println("Successfully removed the target") } } } }
  • API の詳細については、 RemoveTargets AWS SDK for Kotlin API リファレンスの「」を参照してください。