AWS SDKを使用して Amazon S3 Glacier ジョブ出力を取得します。 - AWS SDK コードサンプル

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDKを使用して Amazon S3 Glacier ジョブ出力を取得します。

次のコード例は、Amazon S3 Glacier ジョブの出力を取得する方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

CLI
AWS CLI

次のコマンドは、ボールトインベントリジョブの出力を、現在のディレクトリの output.json という名前のファイルに保存します。

aws glacier get-job-output --account-id - --vault-name my-vault --job-id zbxcm3Z_3z5UkoroF7SuZKrxgGoDc3RloGduS7Eg-RO47Yc6FxsdGBgf_Q2DK5Ejh18CnTS5XW4_XqlNHS61dsO4CnMW output.json

job-id は、aws glacier list-jobs の出力にあります。出力ファイル名はオプション名の前に付いていない位置引数であることに注意してください。Amazon Glacier では、オペレーションを実行する際にアカウント ID 引数が必要ですが、ハイフンを使用して使用中のアカウントを指定できます。

出力:

{ "status": 200, "acceptRanges": "bytes", "contentType": "application/json" }

output.json:

{"VaultARN":"arn:aws:glacier:us-west-2:0123456789012:vaults/my-vault","InventoryDate":"2015-04-07T00:26:18Z","ArchiveList":[{"ArchiveId":"kKB7ymWJVpPSwhGP6ycSOAekp9ZYe_--zM_mw6k76ZFGEIWQX-ybtRDvc2VkPSDtfKmQrj0IRQLSGsNuDp-AJVlu2ccmDSyDUmZwKbwbpAdGATGDiB3hHO0bjbGehXTcApVud_wyDw","ArchiveDescription":"multipart upload test","CreationDate":"2015-04-06T22:24:34Z","Size":3145728,"SHA256TreeHash":"9628195fcdbcbbe76cdde932d4646fa7de5f219fb39823836d81f0cc0e18aa67"}]}
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetJobOutput」の「」を参照してください。 AWS CLI

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

には他にもがあります GitHub。用例一覧を検索し、AWS コードサンプルリポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

class GlacierWrapper: """Encapsulates Amazon S3 Glacier API operations.""" def __init__(self, glacier_resource): """ :param glacier_resource: A Boto3 Amazon S3 Glacier resource. """ self.glacier_resource = glacier_resource @staticmethod def get_job_output(job): """ Gets the output of a job, such as a vault inventory or the contents of an archive. :param job: The job to get output from. :return: The job output, in bytes. """ try: response = job.get_output() out_bytes = response["body"].read() logger.info("Read %s bytes from job %s.", len(out_bytes), job.id) if "archiveDescription" in response: logger.info( "These bytes are described as '%s'", response["archiveDescription"] ) except ClientError: logger.exception("Couldn't get output for job %s.", job.id) raise else: return out_bytes
  • API の詳細については、GetJobOutputAWS「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。