AWS SDK またはコマンドラインツールGetVaultNotificationsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールGetVaultNotificationsで を使用する

以下のコード例は、GetVaultNotifications の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

次のコマンドは、my-vault という名前のボールトの通知設定の説明を取得します。

aws glacier get-vault-notifications --account-id - --vault-name my-vault

出力:

{ "vaultNotificationConfig": { "Events": [ "InventoryRetrievalCompleted", "ArchiveRetrievalCompleted" ], "SNSTopic": "arn:aws:sns:us-west-2:0123456789012:my-vault" } }

ボールトに通知が設定されていない場合、エラーが返されます。Amazon Glacier では、オペレーションを実行する際にアカウント ID 引数が必要ですが、ハイフンを使用して使用中のアカウントを指定できます。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetVaultNotifications」の「」を参照してください。 AWS CLI

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

class GlacierWrapper: """Encapsulates Amazon S3 Glacier API operations.""" def __init__(self, glacier_resource): """ :param glacier_resource: A Boto3 Amazon S3 Glacier resource. """ self.glacier_resource = glacier_resource @staticmethod def get_notification(vault): """ Gets the currently notification configuration for a vault. :param vault: The vault to query. :return: The notification configuration for the specified vault. """ try: notification = vault.Notification() logger.info( "Vault %s notifies %s on %s events.", vault.name, notification.sns_topic, notification.events, ) except ClientError: logger.exception("Couldn't get notification data for %s.", vault.name) raise else: return notification
  • API の詳細については、GetVaultNotificationsAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。