AWS SDK を使用して Amazon S3 Glacier ジョブを一覧表示する - AWS SDK コードサンプル

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK を使用して Amazon S3 Glacier ジョブを一覧表示する

次のコード例は、Amazon S3 Glacier ジョブを一覧表示する方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

.NET
AWS SDK for .NET
注記

には他にもがあります GitHub。用例一覧を検索し、AWS コードサンプルリポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

/// <summary> /// List Amazon S3 Glacier jobs. /// </summary> /// <param name="vaultName">The name of the vault to list jobs for.</param> /// <returns>A list of Amazon S3 Glacier jobs.</returns> public async Task<List<GlacierJobDescription>> ListJobsAsync(string vaultName) { var request = new ListJobsRequest { // Using a hyphen "-" for the Account Id will // cause the SDK to use the Account Id associated // with the current account. AccountId = "-", VaultName = vaultName, }; var response = await _glacierService.ListJobsAsync(request); return response.JobList; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスListJobs」の「」を参照してください。 AWS SDK for .NET

CLI
AWS CLI

次のコマンドは、my-vault という名前のボールトで進行中のジョブと最近完了したジョブを一覧表示します。

aws glacier list-jobs --account-id - --vault-name my-vault

出力:

{ "JobList": [ { "VaultARN": "arn:aws:glacier:us-west-2:0123456789012:vaults/my-vault", "RetrievalByteRange": "0-3145727", "SNSTopic": "arn:aws:sns:us-west-2:0123456789012:my-vault", "Completed": false, "SHA256TreeHash": "9628195fcdbcbbe76cdde932d4646fa7de5f219fb39823836d81f0cc0e18aa67", "JobId": "l7IL5-EkXyEY9Ws95fClzIbk2O5uLYaFdAYOi-azsX_Z8V6NH4yERHzars8wTKYQMX6nBDI9cMNHzyZJO59-8N9aHWav", "ArchiveId": "kKB7ymWJVpPSwhGP6ycSOAekp9ZYe_--zM_mw6k76ZFGEIWQX-ybtRDvc2VkPSDtfKmQrj0IRQLSGsNuDp-AJVlu2ccmDSyDUmZwKbwbpAdGATGDiB3hHO0bjbGehXTcApVud_wyDw", "JobDescription": "Retrieve archive on 2015-07-17", "ArchiveSizeInBytes": 3145728, "Action": "ArchiveRetrieval", "ArchiveSHA256TreeHash": "9628195fcdbcbbe76cdde932d4646fa7de5f219fb39823836d81f0cc0e18aa67", "CreationDate": "2015-07-17T21:16:13.840Z", "StatusCode": "InProgress" }, { "InventoryRetrievalParameters": { "Format": "JSON" }, "VaultARN": "arn:aws:glacier:us-west-2:0123456789012:vaults/my-vault", "Completed": false, "JobId": "zbxcm3Z_3z5UkoroF7SuZKrxgGoDc3RloGduS7Eg-RO47Yc6FxsdGBgf_Q2DK5Ejh18CnTS5XW4_XqlNHS61dsO4CnMW", "Action": "InventoryRetrieval", "CreationDate": "2015-07-17T20:23:41.616Z", "StatusCode": ""InProgress"" } ] }

Amazon Glacier では、オペレーションを実行する際にアカウント ID 引数が必要ですが、ハイフンを使用して使用中のアカウントを指定できます。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListJobs」の「」を参照してください。 AWS CLI

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

には他にもがあります GitHub。用例一覧を検索し、AWS コードサンプルリポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

class GlacierWrapper: """Encapsulates Amazon S3 Glacier API operations.""" def __init__(self, glacier_resource): """ :param glacier_resource: A Boto3 Amazon S3 Glacier resource. """ self.glacier_resource = glacier_resource @staticmethod def list_jobs(vault, job_type): """ Lists jobs by type for the specified vault. :param vault: The vault to query. :param job_type: The type of job to list. :return: The list of jobs of the requested type. """ job_list = [] try: if job_type == "all": jobs = vault.jobs.all() elif job_type == "in_progress": jobs = vault.jobs_in_progress.all() elif job_type == "completed": jobs = vault.completed_jobs.all() elif job_type == "succeeded": jobs = vault.succeeded_jobs.all() elif job_type == "failed": jobs = vault.failed_jobs.all() else: jobs = [] logger.warning("%s isn't a type of job I can get.", job_type) for job in jobs: job_list.append(job) logger.info("Got %s %s job %s.", job_type, job.action, job.id) except ClientError: logger.exception("Couldn't get %s jobs from %s.", job_type, vault.name) raise else: return job_list
  • API の詳細については、ListJobsAWS「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。